カテゴリー「地球」の18件の記事

2020年8月 6日 (木)

Tell me about this tool.

Img_0992

 皆さん、これは何でしょう。真新しいです。ヒントは地球の活動に関係します。また、気温に関係します。大きさは画面の上から下まで30㎝ほどで、横は10mほどで鉄製です。

 専門家による細かい配慮のお陰で私たちの生活は困らないようになってます。


 Please tell me about this tool, everyone? This is brand-new. The hint relates to the activity of the earth. It is also related to atmospheric temperature. The actual size is about 30 cm from the top to the bottom, and the width is about 10 m. This is made of iron.

 Thanks to this attention in detail by specialists, our lives will not be happened a problem.

 

 

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

6月21日は夏至で、日食が起こる父の日

Photo_20200620054401

【日本時間、今朝5時の地球の満ち欠け】・・・Earth viewより

 明日は夏至です。昼の長さを調べると那覇では13時間48分、私の群馬県では14時間39分、根室は15時間25分です。北へ行くほど昼が長いことが分かります。一年で最も長い昼を有効に使いましょう。特に朝の時間帯は静かで物事に集中できます。

 一方、明日の夕方は4時~5時(最大)~6時に部分日食が起こり、台湾では金環食と伝えられます。このため、宮古島では太陽の約9割が欠けると予想できます。直接、太陽を見ないでくださいね。日本での次回の日食は10年後の2030年と伝えられます。


 Tomorrow is the summer solstice. When I checked the length of daytime, it will be 13 hours 48 minutes in Naha, 14h 39m in Gumma, and 15h 25m in Nemuro. The more you go to north, the more it is longer daytime. We should effectively use the longest days. Especially, we can concentrate on things due to quiet in the morning hours.

 Also, tomorrow evening, a partial eclipse will occur from 4 pm to 5 pm (maximum) to 6 pm, In taiwan it will be a ring eclipse. So, it is expected that about 90% of the sun will be lacked in Miyako-Island. Do not look at the sun directly. The next solar eclipse in Japan is calculated to be 2030.

 

| | コメント (2)

2020年6月16日 (火)

一年で日の出が最も早い今日この頃

P1050451_20200616083401)

【ねむの花が開花】

 今日の群馬県の日の出時刻は4時25分です。夏至の日の出は4時26分なので今日の日の出は夏至より1分早いです。公転してる地球から見る現在の太陽の背景は「冬のダイアモンド」の中で「オリオン座」の左上で「ふたご座」の右側です。

 太陽系の運動をより理解するには、私たちは地球に乗って毎秒約29㎞の速度で現実に太陽の周囲を回り、今の瞬間も宇宙旅行してる感覚を捉えることです。宇宙飛行士にならなくても、私たちはすでに約9億㎞の公転軌道上を宇宙旅行しています。

Hosizorawinter480_20200616133001


 The sunrise in Gumma, Japan is 4:25 today. The sunrise of the summer solstice is 4:26, so today's sunrise is one minute earlier than summer solstice. The present background of the sun seen from our earth is in the middle of "Winter Diamond". so, it is the upper left of "Orion constellation " and the right side of "Gemini constellation".

 For better understand, the movements of the solar system and the moon, we must feel that we are on the earth that is orbiting around the sun at a speed of about 29 km/s, and traveling in space at this moment. Even if we are not astronauts, we are traveling around 900 million kilometers in the revolving orbit.

 

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

朝の早い時間帯を有効に使いたい

Photo_20200530061801

 今日の日の出は4時28分【群馬県】です。実際には一年で朝が最も早いでしょう。それは夏至の頃は天気が悪いからです。日の出時刻が日々刻々と変わるのは公転面に対し地軸が約23°26′傾いたまま公転しているからです。この傾きをして地球は9億㎞以上ある公転軌道を秒速約29㎞で回っています。

 ですから、私たちは宇宙飛行士でなくても、すでに宇宙を大旅行してます。惑星や星座を理解するのに大切なことは、自らも宇宙に浮遊してる感覚を持つことでしょう。現在の太陽の背景は冬のダイヤモンドでお馴染みの「牡牛座」です。

 この写真は今は亡き親友STが撮影したものです。


 Today's sunrise is 4:28 at Gumma prefecture, Japan. In fact, the morning will be the earliest in a year. The sunrise at the summer solstice is two minutes earlier than today, but in fact, the weather will be is rainy or cloudy. The sunrise time changes because the earth revolves the orbit of about 900 million km while the earth axis is tilting at about 23 ° 24 ' at a speed of about 29 km per second.

 For this reason, we are always on space travel, even if we are not astronauts. It is important to understand the universe is to have this feeling we are floating in space. The background of the sun now is "Taurus" which is familiar with winter diamond.

 This photo was taken by my late best friend Sabro Todokoro.

 

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

今の季節、白夜が続く北極地方

Photo_20200430034201

【日本時間4月30日午前3時の地球】・・・アースヴューより

 4月30日には、太陽角度が68°【群馬県】となり、ご覧のように日本が夜でも北極地方は昼です。つまり、北へ行けば行くほど終日、太陽が沈みません。これは地軸を23°26′傾けたまま地球が公転してるからです。

 それにしても、夜がなく毎日昼間が続くとはどんな状況でしょう。一日をどのように過ごすのでしょう。この状況が約半年続き、南極と逆になります。つまり、南極点では現在、毎日夜が続いてます。


 On April 30, the sun's angle becomes 68 ° in Gumma, Japan, and as you can see, even in Japan at night, the Arctic region is daytime. In other words, the more you go to the arctic district, the more the sun does not set throughout the day. This is because the earth revolves with the axis inclination of 23 ° 26 '.

 Even so, what is the situation there is no night and the daytime continues every day? How do they spend their day? This situation lasts for about half a year and this situation is the opposite of Antarctica. In other words, the South Pole currently continues night every day without appearance of the sun.

 

| | コメント (2)

2020年3月15日 (日)

戸外で身体を鍛えましょう・・・日の出時刻早まる

Photo_20200315062801

【拡大してご覧ください。】

 群馬県の今日の日の出は5時55分で、日の入りは17時51分です。ですから昼の長さは11時間56分です。【冬至は9時間41分】今日の太陽高度は51°【冬至は30°】です。毎日1分30秒ほどずつ日の出が早まってます。

 画像は群馬県の日の出の頃の地球をアースビューで見ました。今日は概して温かくなりそうですから硬くなった身体を戸外で動かし、血流をスムースにし、新たなことを頭に入れたいと思います。春分の日はもうすぐです。画像を拡大してご覧ください。


 Today's sunrise in Gumma Prefecture, Japan is 5:55 and the sunset will be 17:51. The length of the day is 11 hours and 56 minutes. [Winter solstice is 9 hours 41 minutes] Today's solar altitude at noon is 51 °. [Winter solstice is 30 °]. The sunrise is made earlier about 1 minute 30 seconds day by day.

 The photo shows the Earth at sunrise in Gumma Prefecture by Earth View. Today, it will generally be warm, so I want to move my stiff body outdoors so as to smooth my blood circulation, and memorize something new such as English words and idioms. The Vernal Equinox Day is coming soon. Please enlarge the image.

 

| | コメント (2)

2019年11月24日 (日)

「小雪」の太陽の背景は「さそり座」

350pxscorpius_constellation_mapsvg

【ウィキペディアより転載】・・・赤は太陽を表す

 二十四節気では「小雪」になりました。公転してる地球から見て太陽の位置は春分点から240°移動したように見えます。このとき太陽の位置は赤経16hです。

 現在、太陽の背景は「さそり座」です。もちろん眩しくて見えません。「さそり座」の首に当るところには橙色した一等星「アンタレス」があります。

 この星の近くに時々、同じ橙色の火星が近づくことがあり、昔から火星に対抗するという意味で、この星はアンタレスと命名されました。これらの恒星は半年後の深夜に真南に見えます。


 Currently, it is "Shosetsu" that means the beginning of snow in devided 24 solar seasons in Japan. Seeing from the revolving earth, the current sun's position has moved 240 degrees from the vernal equinox. This is 16h in right ascension. 

 At this time, the background of the sun as seen from our earth is "Scorpio". Acturely we can't see it due to dazzling. There is an orange star named Antares of first magnitude that situates at the neck of Scorpio.

 Sometimes, the same orange Mars approaches to this star so that this star was named Antares in the sense that it competes with Mars. We can see this famous fixed star and constellation at due south in midnight 6 months later.

 

 

| | コメント (3)

2019年11月21日 (木)

今日の日の入り時刻は冬至の日の入り時刻と同じ

P1030138

 今日11月21日の日の入り時刻は16時32分【群馬県】で、これは冬至である12月22日の日の入り時刻と全く同じです。冬至まであと1ヶ月あるのに日の入り時刻が同じとは意外なことです。

 同様に、日の出時刻について、冬至は6時51分で、約1ヶ月後の1月23日も6時51分です。こちらも意外なことです。


 The sunset time of November 21 today is 16:32 [Gumma], which is exactly the same as the sunset time of December 22 which is the winter solstice. It is unexpected that the sunset time is the same even though it is one month different from the winter solstice.

 Similarly, regarding the sunrise time, the winter solstice is 6:51, and January 23 is 6:51, though it is a month later. This is also surprising.

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

今年も残すところ65日、未だ一仕事できます。

P1090036

【クリックすると明瞭になります。】

 今日は10月27日ですから今年もあと65日です。北極星側から見ると、地球は反時計回りに公転してます。1月1日午前0時とは「大犬座」のシリウスが真南【北半球の場合】に来る瞬間です。

 除夜の鐘が鳴ってるときシリウスが真南で光ります。今度こそご覧くださいね。 1月1日とは地球が太陽とシリウスの間に入る日です。その瞬間は次第に迫ってます。地球が公転する距離はおよそ9億5千万㎞で、私たち地球人は常に宇宙に漂ってます。


 Today is October 27, so there are 65 days left in this year. Seen from the North Star side, the Earth is revolving counterclockwise. January 1st 0:00 am is the moment when Sirius of "The Great Dog" comes to due south [in the northern hemisphere].

 Sirius shines in the due south when the watch night bell is ringing. Please look at the Sirius this time surely. January 1 is the day when the earth enters between the sun and Sirius. That moment is gradually approaching. The distance that the earth revolves is about 950 million kilometers. We earthlings are always floating in the universe.

 

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

シリウスが示す今年の真ん中は7月2日正午

P1070943

【現在、咲いてるユースゲ】

 ややもすると、私たちは6月末日で今年も半分終わったと思い込みがちです。しかし、実際には毎月の日数が異なることから今年の半分は7月2日の正午と言えます。

 単純計算では、先ず今年は平年なので365日÷2=182.5日が今年の真ん中の瞬間です。1月31日、2月28日、3月31日、4月30日、5月31日、6月30日なので、6月末日までの日数を足し算すると181日です。このため、後1日半後が182.5日になります。つまり、7月2日の正午が今年の真ん中の瞬間と計算できます。

 これを全天で太陽に次いで明るい恒星シリウス、及び地球の公転位置で確認すると、1月1日午前0時と7月2日正午の地球の位置は、太陽を挟んで正反対側にある筈です。

P1070945

【私が描いた略図】・・・拡大してください。

 ところで、「1月1日は天文学的に意味がない日」という意見を聞いたことがありますが、私は1月1日は天文学的に大いに意味があり、人類の先達はよくぞこの日から1年を始めたと驚いてます。

 それは除夜の鐘が鳴ってるとき、光り輝くシリウスが真南に来ている事実です。これは古代から未来永劫不変でしょう。

 2019年1月1日午前0時のシリウスについて調べると国立天文台の「今夜の星空」は次のようになってます。

Photo_20190701100501

【拡大してご覧ください。】

 シリウスが真南に位置してます。

 一方、、2019年7月2日正午のシリウスです。

Photo_20190701100901

【拡大してご覧ください。】

シリウスが真南に位置してます。

 国立天文台の天体図でも「シリウスの位置により今年の真ん中は7月2日正午である」ことが分かります。なお、日本列島は東西に長く、見る位置により多少誤差が出ます。上の図は経度上ほぼ日本の中央に位置する福井市の天体図です。

 一方、今年は平年ですが、オリンピックが行なわれる年は閏年てあることから、2020年は1年が366日となり、1年の半分は183日となります。つまり、来年は7月3日の午前0時が1年の真ん中の瞬間です。

 ところで、以上の計算方法とは別に、つまり、カレンダーとは別に地球が太陽の回りを一周する時間は365.242199日と計測されてます。これで計算すると半分は182.621時間です。0.621×24=14.904時間となり、地球が太陽を一周する半分となると7月2日午後2時54分頃と考えます。

 要点1、・・・今年の真ん中はカレンダーでは7月2日正午となり、一方、地球が太陽の回りを半周した瞬間は7月2日午後2時54分頃と考えます。

 要点2、・・・カレンダーの一年は0.242199日、つまり、5時間48分ほど地球が太陽の回りを一周するのに未だ不足してます。

  

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 旬の野菜 昆虫 星座 星食 春の過ごし方 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査