フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「地球」の38件の記事

2023年11月21日 (火)

地球上も、位置により自然はかなり異なる

404565449_6686812121441797_3703882296680
【写真は日本時間で11月21日午前8時、地球の姿です。】アースビューより転載・・・拡大してご覧ください。
   
 不思議なことは地球上でもたくさんありそうです。私たちは温帯の丁度良い所に住んでいますが、特に極地では夜が半年間続き、昼が半年間続きます。北緯66度以北の北極圏や南緯66度以南の南極圏では、その状態に近くなります。
 
 つまり、半年は夜がなかったり、昼がありません。南半球では現在とこれから真夏です。更に、太陽が北側を通過します。三日月の形も日本とは左右が逆になります。ですから、日本では今宵も右側が明るいですが、南半球では今日は左側が明るいです。 赤道周辺では、一年中、太陽はほぼ真上から照り続けます。
 
 月においては、星は1ヶ月で一回、天を回ります。もちろん地球から見える星座の形と全く同じです。更に、「月から地球を見ると常に空の同じところに浮かんでおり、その位置は動きません。」月面の相当の距離を何百キロと移動すれば、地球の浮かぶ位置が少し変わります。月面からは地球の自転がよく見えるでしょう。地球は常に暗黒の宇宙空間に浮いてます。
 
Dear my earthlings
 There seem to be many strange phenomenon happening on earth. We Japanese live in a temperate zone, but especially at the North Pole and the South Pole, night lasts for half a year and day lasts for half a year. In the Arctic Circle north of 66 degrees north latitude and the Antarctic Circle south of 66 degrees south latitude, It will be close to that state.
 
 In other words, there is no night or day for half a year. In the southern hemisphere, it is midsummer now and from now on. Additionally, the sun will pass through the north. The shape of the crescent moon is also reversed from left to right in Japan. So, in Japan, the right side is bright tonight, but in the Southern Hemisphere such as New Zealand, the left side is bright tonight. Around the equator, the sun shines almost directly overhead all year round.
 
 On the moon, the stars orbit the sky once a month. Of course, the shape of the constellations is exactly the same as seen from our Earth. Furthermore, "When you look at the Earth from the moon surface, the earth always floats in the same place in the sky, and its position does not change forever." If you move a considerable distance on the moon's surface, for instance, hundreds of kilometers, the floating position of the Earth will change slightly. We can clearly see the Earth's rotation from the moon's surface. Our Earth is always floating in the dark space.
 
[The photo shows the state of the Earth at 8 a.m. on November 21st Japan time. ]
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年7月31日 (月)

地球の位置により・・・季節は刻々と変化

Img_4999
 
 例年になく猛暑だった7月も今日で終わり、後1週間後は立秋です。「立秋とは何か」といえば、私たちを載せ、北極星側から見て反時計回りに公転してる地球の位置が「やぎ座」の方向に来ることです。
 
 一方、太陽の背景には、見えなくても「かに座」が来ていますから、現在「かに座」~太陽~地球~「やぎ座」が一直線に並んでいます。太陽の背景が「かに座」であることは半年前の「立春」の午前0時に「かに座」が真南にあったからです。また、現在、地球が「やぎ座」の方向にあるのは午前0時な真南を見れば分かります。
 
 私たちは、カレンダーにより日程や予定を考えたり、季節を感じたりしますが、カレンダーとは、本来、地球の公転軌道上の位置により作られてることを忘れてはなりません。
 
 以前にも書きましたが、「1月1日午前0時」とは、「太陽と夜間に最も明るい恒星シリウスの間に地球が到達する瞬間」です。これは丁度400mの陸上競技場のゴールの内側に太陽、外側にシリウスがいるような配置です。地球はそこを過ぎると再度、周遊を始め、新たな年へと進みます。
 
 ところで、連日の酷暑のため、ちょっと黄色い「芙蓉」が再度咲き始めてます。花の形は真ん中に太陽があり、まるで太陽系のようですね。
 
Dear my friends abroad who are interested in the universe
 July which was unusually scorching heat, ended today, and one week later it will be the first day of autumn. Speaking of "what is the beginning of autumn", it means that the position of the earth which revolves counterclockwise, is in the direction of "Capricorn" now.
 
 On the other hand, even if you can't see it due to behind the sun, "Cancer" is coming, so currently "Cancer"-Sun-Earth-"Capricorn" are lined up in a straight line in the space. The background of the sun is "Cancer" because "Cancer" was due south at 0:00 on "Risshun" that means the first day of spring half a year ago. Also, we can see that the earth is currently in the direction of "Capricorn" by looking due south at midnight.
 
 Thinking about our schedules, we feel the seasons based on the calendar, but we must not forget that the calendar is created by the position of our earth's orbit.
 
 As I wrote before, "midnight on January 1st" is "the moment when the earth reaches between the sun and the brightest star in the night, Sirius." This is just like a 400m track and field stadium with the sun inside and Sirius outside. The Earth will pass here and start circling again, heading into a new year.
 
 By the way, due to the heat wave, the slightly yellow "Fuyo" confederate rose is starting to bloom again in this season. The shape of the flower has the sun in the middle, therefore it looks like the solar system.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年4月 2日 (日)

公転軌道が 楕円形と 分かるとき

Img_4508
 
 花の真ん中が赤い水仙は、まるで人間のような表情をし、何かを話そうとしているように見えます。しかも、仲の良い姉妹のようです。
 
 4月となり、日の出時刻が日に日に早まってます。また、日の入り時刻も日に日に遅くなってることが感じ取れます。寒い頃はいつになっても日の出時刻に変化がありませんでしたが、現在は1日で2分も日の出時刻がどんどん早くなってます。「何故、この現象が起こるのでしょう。」
 
 ご存じの通り、地球の公転軌道は円ではなく、楕円形と言われてます。それについて私たちが成程と実感できるときがあります。
 
 それは、日食には二通りあり、一つは太陽がすべて隠れる皆既日食であり、もう一つは太陽の淵が輪のように見える金環食です。つまり、前者は地球と太陽が離れている時であり、後者は地球と太陽が近い時です。これによって地球の公転軌道が楕円であることが分かります。
 
 日の出時刻が日に日に早くなる今頃は、地球が楕円の狭い位置に達しているときで、一方、冬や夏で日の出時刻に変化が少ないときは地球が楕円の広い位置にあるときと考えられます。
 
 昼の時間が長くなるこれからの季節では、私たちは屋外に出て健康促進をめざしましょう。
  
Dear my overseas friends
 The daffodils which have a red center, look like humans face and look like they are trying to say something. And they look like good sisters.
 
 By the way, April has come, and the sunrise is getting earlier and earlier." Also, we can feel that the sunset time is getting later day by day. When it was cold, there was no change in the time of sunrise, but now, sunrise is getting earlier and earlier by 2 minutes a day. "Why does this phenomenon occur?"
 
 As you know, the Earth's orbit is said to be elliptical, not circular." There are times when we feel to be sure about that phenomenon.
 
 There are two types of solar eclipse, one is a total solar eclipse where the sun is completely hidden, and the other is an annular eclipse where the edge of the sun looks like a ring. The former is when the earth is farther from the sun, and the latter is when the earth is closer to the sun. This phenomenon shows that the Earth's orbit is elliptical.
 
 It is thought that while the earth is in the narrow position of the orbit, the sunrise time is earlier day by day, while the earth is in the wide position of the orbit, there is little change in the sunrise time during winter or summer.
 
 In the coming season, when the daytime hours will be longer, we will go outdoors and promote health.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2022年7月 6日 (水)

日頃から 宇宙に浮いてる 感覚持とう

Img_3522
 
 7月2日正午から今年2022年の後半に入りましたが、日の出時刻は夏至よりすでに6分遅くなってます。
 
 北半球では暑い暑いと言ってるうちに地球は公転軌道上を反時計回りにどんどん移動し、今までの「いて座」の方向を離れ、次第に「やぎ座」の方向へと秒速約29㎞の速度で、この瞬間も進んでいます。
 
 ところで、今の季節の晴れてる早朝3時半には、東の空に左から金星、火星、木星、土星が並んでるので、同じ惑星の地球人としてしっかり眺めてほしいと思います。土星はほぼ南になります。
 
 私たちは生まれた時から宇宙空間に浮いており、公転してる地球に乗ってる感覚を平素から研ぎ澄ませたいものです。
 
Dear my earthlings
 We earthlings have entered the second half of 2022 since noon on July 2nd, as the result, the sunrise time is already 6 minutes later than the summer solstice in Northern hemisphere.
 
 While we say hot and hot in the Northern Hemisphere, the earth moves steadily counterclockwise in the orbit, leaving the direction of "Sagittarius" and gradually moving toward "Capricorn" at a speed of about 29 km / s. And at this moment we are proceeding.
 
 Not change the subject, at 3:30 in the early morning if it is sunny, we earthlings can see Venus, Mars, Jupiter, and Saturn lined up in the eastern sky from the left, so I recommend you earthlings to look them as the same planet. Saturn is almost south.
 
 Since birth, we are floating in the infinitely spacious space, so that we should sharpen the feeling of riding on the revolving earth.
 
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

2022年3月21日 (月)

地球の今日を 天文的に 考える

 
 春分の日の今日、私たちを乗せた地球は公転軌道上のどの位置に差し掛かっているでしょう。と言っても宇宙空間なので目安になるものは特になく、私たち地球人は、太陽系の周囲の遥か遠方にある黄道十二星座の位置によって、地球の位置を判断します。
 
 太陽の周囲をおよそ1億5千万㎞の距離を保ちつつ、やや楕円形で反時計回りに公転してる地球の遠い右側には「乙女座」(写真右)があり、逆に、太陽の遠い背景には「魚座」(写真左)がある日が春分の日です。
 
 今日は世界中で、太陽が真東から上り、真西に沈みます。また、世界中では緯度により太陽高度は異なっても昼の長さと夜の長さがほぼ同じです。
 
 南極点では太陽は地平線から半分顔を出したまま、東~北~西~南の方向に向かって移動します。今後、半年間は夜が続きます。
 
 北極点では太陽が水平線から半分顔を出したまま東~南~西~北に移動し、今後半年間は昼が続きます。今日の太陽はすべての天体の位置を示す基準点の「赤経0h、赤緯0°」にあります。
 
Dear my earthlings
  Where is our earth on the orbit today of the vernal equinox ? However, since it is in outer space, there is no particular landmark, and we Earthlings must judge the position of the earth by the position of the Zodiac constellations which are far away from the solar system.
 
 The "Virgo" (on the right in the photo) is on the far right side of our earth which revolves counterclockwise in a slightly elliptical shape, and the earth is keeping a distance of about 150 million km around the sun. On the other hand, the background of the sun there is "Pisces" (on the left in the photo) in the distant on vernal equinox.
 
 Today, the sun rises from due east and sets to due west all over the world. Also, in the world, the length of day and night are almost the same, even if the solar altitude varies depending on its latitude.
 
 At the South Pole, the sun moves in the direction of east-north-west-south, with half of its face exposed from the horizon. The night will continue for the next six months.
 
 At the North Pole, the sun moves in the order of east-south-west-north with half its face out of the horizon, and daytime will continue for the next six months. Today's sun is at "Right ascension 0h, declination 0 °" which indicates the position of all celestial bodies.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

2022年1月 9日 (日)

年間で 最も遅い 今日の日の出 

Img_2730 Img_2725
 
 皆様、毎日、寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。一年で日没が最も早いのは冬至の日ではなく、12月8日で16時28分【群馬県】でした。それ以来1ヶ月が経過した今日1月9日の日没時刻は16時46分予定です。
 
 このため、最近は暗くなるのが午後5時過ぎで、いくらか日が伸びたように感じられます。一方、日の出時刻については、一年で最も遅いのは冬至の日ではなく、今日で6時56分【群馬県】です。しかし、1月11日から日の出時刻が少しずつ早まります。
 
 ところで、地球の表面は冷め難く、温まり難くい性質があるので、春が感じられるのはまだ先です。そんな厳しい環境下でも、ご覧の通り、シャクナゲの蕾はかなり大きく膨らんできました。
 
Dear my friends overseas
 Everyone, cold days continue every day, but how are you these days? The earliest sunset of the year was not the winter solstice, but December 8th at 16:28 [Gumma Prefecture, Japan]. Since then, one month has passed, and the sunset time of today on January 9th is to be 16:46.
 
 For this reason, recently it became dark after 5 pm, so that we feel the daytime has extended a little. On the other hand, the latest sunrise is not the winter solstice, but today at 6:56 [Gumma Prefecture]. However, the sunrise time will be gradually earlier after January 11th.
 
 Not change the subject, but the earth has a nature that it does not cool easily and does not warm up easily, so it will be still a long time for us to feel spring. Even in such a harsh environment, as you can see, the buds of the rhododendron have swelled considerably.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

地球とは 満ち欠けしてる 月のよう

Earth-2
【拡大してご覧ください。】
 
 画像はチベット上空から見たEarth View です。日本時間で今日午前9時の地球の姿です。月のように満ち欠けしてます。これを見ても私たちの地球は暗黒の宇宙に浮いており、太陽光に当たっているところが三日月のように明るいだけです。
 
 現在、地球の公転位置は太陽とは反対の位置にある「ふたご座」の方向にあり、反時計回りに公転しています。公転速度はおよそ秒速29㎞で、自転速度は秒速約380m(群馬県)という速さです。
 
 暗黒の中を進んでいる地球の表面には国境線はなく、宇宙空間に暮らす77億人は運命共同体であることが分かります。
 
Dear my friends overseas
  The image is the Earth View above Tibet. It is the appearance of the earth at 9 am today in Japan time. The phase is like the moon. Even if we look at this, our earth is floating in the dark universe, and the place exposed to sunlight is only bright like a crescent moon.
  
  Currently, the earth's revolution position is in the direction of constellation of "Gemini" which is opposite side to the sun, and it revolves counterclockwise. The revolution speed is about 29 km / s, and the rotation speed is about 380 m / s (Gumma Prefecture, Japan).
 
  There are no borders on the surface of the Earth which is traveling through the really dark outer space, and we can understand that the 7.7 billion people are in a fateful community.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

2021年12月27日 (月)

驚愕だ! カレンダーの 正確さ 

Img_2697
 
 令和3年(2021年)も後5日になり、年を重ねた現在、月日の経つのは本当に早く感じます。小学生の頃は1年がとても長いと思いました。でも、時間は同じに進んでいます。
 
 それにしても、人類の先達は天体の動きを詳細に観察し、正確にして素晴らしい暦を現代人に残しました。地球の公転時間が365日と5時間48分46秒であることを突き止め、これによって、4年に一回、閏年を入れ、1年を366日にしてます。しかし、この調子でいくと閏年は400年に100回の筈ですが、それでは閏年が多過ぎて長い間に季節が狂ってくることから、400年に97回に減らしてます。
 
 400年生きてそれを確認する人類は誰一人いないのに、これは人類の偉大な知恵です。
 
Dear my facebook friends throughout the world
 The 3rd year of Reiwa (2021) leaves 5 days only, and by getting old now, I feel that the passage of time is really swift. When I was a student in elementary school, I thought that one year would be very longer. But in fact, time proceeds the same.
 
 Nevertheless, human ancestors observed the movements of celestial bodies in detail and left an excellent correct calendar for modern humans. Our ancestors found that the earth's revolution time is 365 days and 5 hours 48 minutes 46 seconds, therefore they put a leap year once every four years and made one year 366 days. However, at this rate, it should be 100 leap years in 400 years, but If we continue this rate, since there are too many leap years so that the seasons go crazy for a long time. For this reason, they have reduced it to 97 times in 400 years.
 
 Even though no one can't live for 400 years, of course we can't confirm it. This is the great wisdom of mankind.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
* If you listen to the above English sentence by native pronunciation, please drag and copy the English sentences, and then paste it. Please be sure to set the upper right column to US English.
 

2021年12月23日 (木)

地球の動き 一日一日 変化する

Img_0026 Img_0025
 
 昼時間の長さについて調べてみると、昨日は冬至で9時間41分【群馬県】でしたが、今日はそれより30秒ほど長くなり、明日は1分ほど長くなりそうです。このように、今後は昼の時間が少しずつ長くなってきます。
 
 写真左の赤い蕾は牡丹です。右の蕾はモクレンです。もうすでに咲く準備をしています。ところで、昨日も今日も、太陽高度は正午で30°【群馬県】です。その太陽高度が夏至には77°まで高くなるので、ずいぶん変化し、気温が変わるわけです。
 
 因みに、今日の北海道・札幌の太陽高度は23°で、沖縄県・那覇の太陽高度は43°です。ご参考に、夏至の太陽高度は、札幌では70° 那覇では87°です。これは地軸が23°26′傾いたまま地球が公転してることに起因します。
 
Dear my friends overseas
 Investigating the length of the daytime, it was 9 hours 41 minutes [Gumma Prefecture] at the winter solstice yesterday, but today it will be about 30 seconds longer, and tomorrow it will be about 1 minute longer. In this way, the daytime will gradually increase from now on.
 
 The red bud on the left in the photo is a peony. The bud on the right is a magnolia. They are already preparing to bloom in spring. By the way, the solar altitude is 30 ° [Gumma Prefecture] at noon both yesterday and today. But, the solar altitude rises to 77 ° at the summer solstice, so it changes a lot and the temperature changes.
 
 Not change the subject, but the solar altitude of today's Sapporo-city in Hokkaido is 23 °, and the solar altitude of Naha-city in Okinawa Prefecture is 43 °. For reference, the solar altitude at the summer solstice is 70 ° in Sapporo and 87 ° in Naha. The reason for this is that our earth's axis revolves around the sun with an inclination of 23 ° 26'.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

2021年12月22日 (水)

北半球 今日は冬至で 昼短し

Photo_20211222065801
【地球から見て今日の太陽は、いて座の方角にある】
 
 北半球では、今日は昼の長さが一年で最も短い冬至です。それは9時間41分【群馬県】です。反対に、夏至の昼の長さは14時間39分です。このため、その差は4時間58分も異なります。
 
 と言っても、日の入りが最も早いのは12月上旬頃であり、冬至の日の入りはすでに5分ほど遅くなってます。つまり、日が伸びてます。一方、日の出時刻については、冬至より1月上旬の方が5分ほど遅いです。
 
 公転してる私たちの地球から見て今日の太陽の位置は赤経18hにあります。つまり、春分の日から二十四節気で18番目の天空の位置です。もちろん、太陽は動いてませんが、その背景にある黄道12星座の中を太陽は恰も東へ東へと進んでいるようになります。これは地球の公転が反時計回りだからです。
 
 実際は眩しくて見えませんが、冬至の太陽の背景は上の図の「いて座」付近です。私たち地球人にとって「いて座」がよく見えるのは半年後の夏至の頃で午前0時に真南に見えます。暫くの間、私たち北半球の人は寒さ対策をしっかりしましょう。
 
Dear my friends Both in northern and southern hemisphere
 
 In the Northern Hemisphere, the winter solstice of today is the shortest daytime in the year. It is 9 hours 41 minutes [Gumma Prefecture, Japan]. On the contrary, the length of the daytime at the summer solstice is 14 hours and 39 minutes. Therefore, the difference is as much as 4 hours and 58 minutes.
 
 However, the earliest sunset is in early December, so the sunset at the winter solstice is already about 5 minutes late. On the other hand, the sunrise time is about 5 minutes later in early January than the winter solstice.
 
 Seen from our revolving earth, the position of the sun today is 18h at Right Ascension. In other words, it is the 18th of the 24th solar calendar from the day of the vernal equinox. Of course, the sun is not moving, but it seems that the sun is moving eastward through the 12 constellations of the zodiac in the background.
 
 Acturely we can't recognize, the sun's background at the winter solstice is near "Sagittarius" in the figure above. For us earthlings, "Sagittarius" can be seen well at midnight, half a year later, around the summer solstice. Let's take measures against the cold for a while.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin 「さんぽ道」 いすゞ117クーペ うっかりミス お気に入り喫茶店 お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スマホ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 偶然性 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 再確認 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 剪定の必要性 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 収穫の喜び 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏の花 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節と黄道十二星座 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 孫娘たち 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日本文化 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 月までの距離 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の健康管理 梅雨の過ごし方 梅雨の頃の花 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 楽しい川柳 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温暖化 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 烏川 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 筋肉維持 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 藤の花 虐待防止 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢化社会を生きる 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー