カテゴリー「父の思い出」の6件の記事

2021年6月16日 (水)

屋敷稲荷 我が家を見守り 一世紀

Img_2078
 
 実生で生え、成長著しい「ねむの木」が家屋敷の東にある稲荷様の上を覆うように葉が生い茂ってきました。この木の上の方には極楽浄土を彷彿させる神秘的な花が咲いてます。
 
 一方、この稲荷様は昭和元年(96年前)に亡父が石屋に頼んで彫ってらったことが裏面に刻されてます。ですから、およそ1世紀の永きに亘り家屋敷と家族を見守っています。屋敷祭りは毎年12月15日に行いますが、私は平素も拝むことがあります。
 
 今のところ、健康であり、音楽、英語、植物の世話、社会奉仕(高齢者に代わりゴミ出し、小学生の登下校パトロール)、筋トレなどすることがあって幸せですが、何と言っても、話し相手のいない一人暮らしであることが不自然に思います。
 
 The leaves of a silk tree named "Nemu no Ki" in Japanese are rapidly growing from the seedlings and covers the top of the individual shrine named Inari-sama in the east of the premises. A mysterious flower which is reminiscent of the Pure Land of Perfect Bliss blooms at the top of this tree now.
  
 On the other hand, this Shrine was engraved that my late father asked stonemason to carve it in the beginning of Showa Era (96 years ago) on the back side. Therefore, the shrine has been watching and guarding the house and family for about a century. The mansion festival is held on December 15th every year by me, but I also worship every time, if necessary.
 
 So far, I'm healthy and happy with music, English, plant care, social service (garbage disposal for the elderly, school roads patrol for elementary school students), muscle training, etc. After all I find it unnatural to live alone with no one to talk to.
 

| | コメント (2)

2021年5月16日 (日)

倉賀野に 泳いでいます 鯉のぼり

Img_2013

 昨日の夕方のウォーキングで東端の倉賀野緑地まで行きました。帰路は多少コースを変えて歩いたところ、下町地区に珍しく懐かしい「鯉のぼり」が東よりの風を受けて泳いでいるではありませんか。 暫くぶりに見るので、その豪快な姿に見とれていました。いかにも日本の風景です。

 私の両親は生前、近所に生まれた孫【私の甥】に、その家では初孫なので一【はじめ】と命名してあげるとともに、大きな鯉のぼりをプレゼントしたことを思い出しました。現在、彼は遠く千葉県に住んでおり、早いものですでに還暦です。

https://www.youtube.com/watch?v=ORO9_KMVy44 ※改めて聴くと素晴らしい歌詞と旋律です。

 I went to Kuragano greenary park named Ryokuchi at the eastern end by walking yesterday evening. On the way back, I walked on a slightly different course, and found that a nostalgic carp streamer which is rare in the Shimocho area, and it is swimming in the wind from the east. I saw it for the first time in a while, so I was fascinated by its dynamic appearance. It's a Japanese landscape since the ancient era I guess.

 My parents gave my grandson [my nephew], who was born in the neighborhood, my father named him hajime because he was the first grandson for my parents, and I remembered that my parents gave a big carp streamer as a gift. Currently, he lives far away in Chiba prefecture and is early on his 60th birthday.

※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/

 

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

世代を超え、咲き続ける豪華な「雪柳」

Img_1809
 
 現在、八分咲きの「雪柳」です。毎年、春分の日に満開になります。植物の開花は日照時間に関係するのでしょう。群馬県高崎市の今日の日の出は5:54、日の入りは17:52で昼の長さは11時間58分です。因みに春分の日の日照時間は12時間07分です。ですから、昼と夜の時間が同じになると満開になります。
 
 この雪柳は亡父が半世紀以上前にどこからか手に入れたものですが、10年ほど前に私がここに植え替え、世代を超えて咲き続けてます。庭はこれから数本の「源平しだれ」など花桃、そしてシャクナゲと開花が続きます。
 
 若き日の私は音楽のみで、植物に興味がありませんでしたが、遺伝なのでしょう。花が好きだった両親の年令になり、私も花が好きになりました。2月の梅に始まり、9月いっぱいまで庭は花木の開花が続きます。もちろん、音楽は生涯を通じて好きです。
  
 The photo shows a "Spirea" that blooms currently 80% in full bloom. It will be in full bloom on the vernal equinox day every year. The flowering of plants may be related to hours of sunshine. Today's sunrise in Takasaki City, Japan is 5:54, sunset is 17:52, and the length of the day is 11 hours and 58 minutes. By the way, the daylight hours on the vernal equinox are 12 hours 07 minutes. Therefore, it will be in full bloom when the day and night times are the same.
 
 This spire was gotten somewhere by my late father more than half a century ago, but I replanted it here about 10 years ago, so it has been blooming beyond generations. In the garden, flowering peaches such as several "Bicolored weeping" and rhododendrons will continue to bloom.
  
When I was young, I liked only music and I wasn't interested in plants, but it's probably heredity. My age is approaching to my parents who loved flowers, so I am fond of flowers now. Plum blossoms begins in February, and many flowers continue to bloom in the garden until the end of September. Of course, I like music through life.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2019年12月15日 (日)

大安の今日、屋敷祭り

P1070044

 我が家ではと言っても私一人しかいませんが、今日は12月15日で「屋敷祭り」です。亡父が昭和初期に作った稲荷様に詣でますが、あいにく私は今日、県外視察です。

 今回は派手なことはせず、詣でるのみで今年一年の無事を感謝します。年末に娘たちが来たら一緒に賑やかに供物をお供えし、家屋敷と共に健康を祈念したいと思います。


 Although I am the only one in my home, it will be held “Yashiki Festival”that literally means premises festival in Japan on December 15th today. I will pray the Inari-sama as you see that my late father made in the early Showa era about 90 years ago, but unfortunately I visit outside the prefecture today.

 So I don't do anything flashy this time, just pray and appreciate for the safety of this year. When the daughters with their family come at the end of the year, we will give lively offerings and pray for family's health and the premises.

 

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

年齢を重ねても、新たなことにチャレンジ

Img_0025

 カメラが新しいので使い方にまだ慣れてません。取り敢えずピントを合わせたいです。この画像はどうにかピントが合いました。次第によい写真が撮れるようにしたいです。

 写真はすでに蕾を持ってるモクレンです。亡父が55年前に植えたもので主はいなくても毎年紫の花を咲かせます。この他、亡父が植えた樹木は庭には未だ13種類あります。子供としてはしっかり剪定したり、水やりして育てたいです。

 今日は13日の金曜日ですが、嬉しいこともあります。


 The camera is new so I'm not used to it yet. I want to focus for the time being. This image was good in focus somehow. I want to get better photos gradually.

 The photo is a magnolia that already has buds. This was planted 55 years ago by my late father, and even if it doesn't have the Lord, it can bloom purple flowers every year. In addition, there are still 13 kinds of trees planted by the late father in the garden. As a child, I want to pruned firmly and water it. 

 Today is Friday's 13th. But there are things that I'm happy about. Today is the last pension day of this year.

 

| | コメント (0)

2007年9月 9日 (日)

数字の9に拘った父

私は6人兄弟の末です。父が50才の時に誕生しました。あまりにも父と年齢が離れていたために、どこかに連れてってもらった思い出や一緒に遊んだ思いでは皆無です。商売をしてたのでそんな暇はなく、家族を経済的に支えなくてはならなかったのです。

 そんな父でも私が音楽を専攻することや卒業後の進路については将来を見据え、前向きに対処してくれました。初めての就職の頃、海外日本人学校の話があったとき、母は暑いインドでは病気にでもなったらどうすると大反対しましたが、父はこんな恵まれた機会はない。若いときに外国で働くことは大いに意義があると賛成してくれ、当時の私としては本当に助かりました。

 子供の頃から年齢差のため、つながりに希薄さを感じていても、いざここ一番の時、ポイントを押さえてくれ、父の存在を頼もしく思ったものです。現在、私も若い娘2人の父親です。これから人生で決断を迫られるようなことがあれば、父親として十分対応してあげようと思います。

 左の写真は43年前に父が植えた八重桜です。今でも毎年薄いピンクの花を咲かせてます。近年、樹勢が増してきたようです。大切に手入れします。また、父が植えたシャクヤクも毎年咲いてます。

 ところで、いくつかの拘りを持つ父でした。以前に書きましたように多くの方々から赤ん坊の命名を依頼され、画数の偶数奇数を順序良く並べ、しかも、苗字との合計画数まで考慮し、推定約200人位につけてやったと思います。

 私の名前はもちろん父の命名です。苗字の初めの漢字は「柿」ですから9画で、最後の漢字が「香」で、やはり9画です。私の氏名は漢字5文字で画数の並び方は9,8,7,8,9と7を中心として左右対称的に並んでます。しかも奇数、偶数、奇数、偶数、奇数と変わり番こで、画数の合計が41となり、良い人生を祈念したようです。

 このように数字に執着を持ち、特に「9」の数字に霊感を感じていたようです。確かに数字の中で最も大きいのは「9」です。これ以上の数は組合わせによって出来てます。前述のように我が家の苗字の「柿」が9画であると同時に、生まれた孫が9人です。最後に父がお世話になった菩提寺が九品寺といいます。

 もっと不思議なことは本日「9月9日」が父の命日なのです。どうしたことでしょう。早速、九品寺に墓参りに行きたいと思います。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査