カテゴリー「家族」の9件の記事

2014年12月11日 (木)

「愛犬の可愛さ」と「衛生観念」は切り離す

400985_124269521029456_100003392251 【裏庭で放し飼い・現在9才の柴犬コロ♂・・・室内に入っていけない約束】

 妻が亡くなって1年ほど経ってから、やはり何か寂しかったのでしょう。当時家にいた次女が犬を飼いたいと希望し、埼玉県上里町の柴犬専門O犬舎に二人で見学に行きました。柴犬の子供は本当に表情がよく、可愛くて娘はどうしても欲しくなり、後日、私が一人で買いに行きました。

 当時すでに6ヶ月ほどの子犬だったことから果たして馴れるか心配でしたが、その心配をよそにすぐに馴れ、家族の一員として娘と私の共通項となりました。愛犬「コロ」の役目は大きいものです。

 私は少年時代より半世紀以上、レース鳩を飼育してることから、できればレース鳩のように血統的にきちんとしてる犬がいいと思いました。このため、レース鳩の友人ミストラルさんに尋ねたところ、彼と同じ地区で以前にレース鳩を飼育してたO犬舎を紹介していただけました。

P1060009 【コロの日本犬血統書】・・・Click please!

 愛犬「コロ」の正式名は「上里の天空号」と名付けられ、なかなか品格ある名前です。血統所を見ると「鉄光号」の三重近親であることが分かります。しかし、両親が別の血統であることから近親の弊害は出ず、全くの健康体で、精神も日本犬独特の精悍さや、ものに動じない古武士の雰囲気を漂わせています。下の写真は以前に撮ったものですが、日本犬独特の「精神の張りつめ」が全身の隅々に漲ってます。

424384_124265617696513_1000033922_2 【平素は鎖で繋がれる不自由さはないコロ】

 現在、私は一人暮らしであることから、今となっては娘が飼育したいと希望を持ったことが現在の私の生活に潤いを与えているので、娘には感謝です。

 ところで、先日、飼育して初めて失敗がありました。元気な「コロ」が数日間、食欲がなく、ついに生まれて初めて2~3日間、下痢の症状が出ました。病気になったことがなく、他の犬との接触もなく、病気になる理由がありませんでした。このため、下痢ということは食べ物に原因があると思いました。

 よくよく考えると思い当たる節があったのです。それは私が食べた鯵の背骨を与えたことがあったからです。以前から鯛の骨は与えてはいけないと聞いてたので、それは厳守してましたが、鯵なら大丈夫と思いました。以前にも鯵の骨を与えたことがありました。

 しかし、今回は、もしかして腸のどこかに引っかかったのかもしれません。これは病気というより、私のミスによる怪我のようなものだったことになります。

 思い当たる原因が分かり、「コロ」に謝りましたが、表情にそれほど辛い様子が見られなかったので、家の周囲を散歩させたところ、嬉しそうだったことから、そのうち、骨は糞と一緒に排出されると思いました。

 その後、いつものようにドッグフードを与えたところ、次第に食べるようになり、現在ではその量も以前に戻り、幸運にも下痢が治って通常の糞にホッとしました。今後は魚の骨はすべて厳禁と決心しました。

 一方、動物飼育は人間の健康にも影響を与えることから、レース鳩飼育でも鳩舎内の埃をシャットアウトするため換気口を設置したり、舎内では必ずマスクを使用してます。

P1020853  犬を愛育する場合も、人間が自身の衛生に最も気をつけるべきです。特に、近年は高齢化社会が後押しするかのように、また、一人暮らしが増えてることから、小型室内犬を飼育してる人が急増してます。

 本当に家族のようであることが分かります。あるいは人間の家族以上に可愛がって飼育してるように見えます。いっしょに寝たり、口移しで食べ物を与えたり、糞尿の場所も家の中であることから、特に室内が締め切りの冬季は空気の汚れが懸念されます。時には空気の入れ替えや犬猫を触った後の「うがい」と「手洗い」、そして「換気」は鉄則です。

 動物が可愛いことと、衛生観念を厳格に切り離し、人間にとって清潔な生活空間を確保してこそ、室内での動物飼育をしたいものです。 

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

波乱万丈の人生と百花繚乱のアンバランス

 今の時季、私の庭は次から次へと花木が咲き、一見、楽園のようで、一人暮らしの私が楽しんでいるだけでは勿体ないです。写真は八重桜ですが、近年、場所を変えて植え替えましたら樹勢が増し、ご覧のように花弁は白と薄桃に咲き分け、見事に優しさを与えてくれます。

 拙い経験では、植物は元気がなかったら植え替えると勢いが良くなることがあるように思います。特に本来、山岳に咲くシャクナゲは育成に適した場所が重要で、半日蔭で水はけの良い場所に移すと生気を取り戻します。一番下の写真のシャクナゲように木が大きくなったら2月頃に生育の悪い蕾を間引きしてやると、咲かせたい蕾に栄養が行き渡り色彩が向上するように思います。

 翻って人間も、その人の持ち味が仕事に効率よく現れ、打ち込めるためには、人事異動による新たな職場、新たな出会いの中で心機一転、出直すことにより、今までにない自分を発見できるものです。

 4月になり、配置転換により新鮮な気持ちになった方もおられるでしょう。新たな職場、新たな人脈で、新たな歴史が始まります。

 私は今までに人事異動で職場を6か所経験しました。その度ごとにカルチャーショックを受け、新たに勉強することもありましたが、何と言っても人事異動による出会いがそれまでの私を変えたように思います。人事異動のある職場で良かったです。

 山岳と英語の達人サミュエル・トッドさんに出会ったのも最後の職場でした。それ以来、交流は深まり、特に榛名山外輪山めぐり、尾瀬・至仏山山頂、四阿山(あづまやさん)山頂などへ連れてって頂いたことは生涯の記念になりました。今度は英語を学べることになってます。人事異動のお陰で素晴らしい人に出会えました。

 一方、現実には人間もその職場に合う合わないがあるでしょうから、植物がその土に合う合わないは尚更かもしれません。植物では例えば、直射日光に当たっても大丈夫なもの、それを嫌い半日蔭を好むもの、また、藤のように水分をものすごく必要とするものもあったり、逆に一般的な植物は水はけのよい場所を好むようです。

 私たちが植物を育てるにあたり大切なことは、日々、植物の生育状況をつぶさに観察し、その植物が何を欲しているかを察知しなくてはなりません。口がきけない植物が何を言おうとしてるか読み取ることは植物を育てる上で大切なことかもしれません。多分これが分かれば一人前でしょう。類似していることでレース鳩を飼育していると、このようなことは日々たくさんあります。強豪はこれが上手なのです。

 ところで、人生は思いがけぬことの連続です。私の場合、職場を離れたら、すぐに配偶者に先立たれてしまうとは予期できぬことでした。両親や娘たちもいてたくさん人数がいて賑やかで楽しかった家庭は意外と早く、私を一人ぼっちにしてしまいました。それとともにやってきた世界不況。本当に思いがけぬことばかりです。

 人が生きるためには経済と健康の安定は欠くべからざること。しかし、それだけでは人は生きられません。特に一人では寂しくて生きられないのです。いくら好きな音楽やレース鳩飼育、そして咲き乱れる花々があっても、そばにいて欲しいのは人です。

 人間が他の動物や植物と最も違うのは【言葉を媒介にして、心と心を通じ合わせることに楽しみを見出すことではないでしょうか。】今の私にはそれがありません。

 その中にあってブログを通して自分の考えや、感想を表現できるチャンスに恵まれてることは、暗闇における一筋の光です。

 お目にかかったこともないのに九州の花舞さんにはいつも楽しく勇気づけてくださるコメントを賜り、一人で生きてる私は感謝の気持ちでいっぱいです。  

| | コメント (2)

2008年10月17日 (金)

次女Marie Persimmon Marshと私

 携帯のメールアドレスを変更したので、昨日、二人の娘にその旨を連絡しました。次女Marie Persimmon Marshからは早速、返信がきました。彼女のメールを受信したのは久々です。元気で仕事に打ち込み前橋支店に転勤し部署も変わったとの連絡があり安心しました。独立し生活してるので、大好きな愛犬「コロ」とも暫らく会ってません。果たして「コロ」は覚えてるでしょうか。

 ところで、左の写真は私の携帯待ち受け画面でMarie Persimmon Marshです。たまにはブログに変化があっていいですね。本人もこの写真が気に入ってるらしいです。学生時代に「マリエール」という自分と同じような名前の結婚式場でアルバイトをしていたとき、試しにモデルになったら好評で(?)その結婚式場のパンフレットに載ったときのものです。

 正式には私の家族は私と次女の二人だけなのです。4年前に母を亡くし想像を絶するショックが続いてるのです。しかし、持ち前の精神力で辛い日々を乗越えているのでしょう。この精神力は母からの遺伝と思われます。母は誠心誠意仕事に打ち込んだ人で、生涯にわたり仕事を1日も休んだことがありませんでした。責任感は私よりずっと偉大でした。

 写真では私に抱かれてる小さいほうが2才頃のMarie Persimmon Marshです。伊香保温泉近くの水沢山山頂です。今では大きくなり身長168cmほどです。内面は母似で、身長だけ私に似てうまくいきました。左の子は横浜に嫁いでいる長女です。

 母を見て育っただけあって、仕事を中心とした生き方は母そっくりです。私の娘にしては立派といえます。一度だけ、彼女の仕事振りを客観的に見たいと思い、勤務していたアルカーサル結婚式場主催の食事会に参加したことがあります。私が参加してたことをそんなに意識しないで、家で見る顔とは異なり、動作はきびきび、常に客全体の動きを見渡している様子でした。

 今までの勤務地アルカーサル迎賓館高崎では何かの主任を仰せつかったらしいですが、この度、前橋へ異動後は勤務内容が変わったと連絡がありました。約5年間培った結婚式場の現場では、上司・同僚に支えられ、お陰で仕事は確実に身につけてるように感じます。また、お客様からは角度を変えていろいろ勉強させて頂いたと思われます。

 どんな業種であっても、【仕事を勉強するのはお客様からである】と私は考えます。学校にあっては、先生は生徒から学んでることも大いにあります。優秀な教師にはその気持ちがあると思います。

 一般社会においてはお客様はほとんど異業種の方々、社会常識が豊富であったり、人生で大切なことをずっと追求されてる方々です。しかも、年齢が上の方であれば、有難く学び取る心構えこそ、仕事をする人は心得なければならないでしょう。

 Marie Persimmon Marshは久々にお正月、私の家に帰るとのこと。二人きりいない家族なのだから、楽しい新年を迎えたいと今から楽しみです。

| | コメント (2)

2008年4月20日 (日)

子離れできない親に未来はない

398  タイトルは【親離れできない子に未来はない】でも同じです。

 人は石器時代より現代に至るまで、子供を産み、慈しみそばにおいて育てることを繰り返してきました。動物も同様に、本能によりこれら一連の動作を通じて家族を作り、命を次世代へと繋いでいるのです。

 こう考えると、私たちは「前の世代からバトンを受取り、次の世代へバトンを渡す」その間を人生といい、その期間あれこれしながら喜怒哀楽を伴ない生きてるのでしょう。

 これを陸上競技のリレーに例えれば、バトンゾーンで生まれ次のバトンゾーンまで走り、子供という走者にバトンを渡すのが人生かもしれません。バトンは早く受取り、できる限り速く手渡さなければなりません。もたもたしてては無駄が起こります。特に、できる限り早く次のランナーに渡すことが大切です。

 人生に於いても、この「できる限り早く次のランナーに判断力というバトンを渡す」ということが、なかなかできない母親が時たま見られます。

 この意味は子供が成人しても、行動がいちいち気になり、例えば30才を過ぎた娘が外出していても、常に携帯で指示するような異常な状態です。子離れできてない母親の典型です。

 一方、子供も長いこと親の判断に頼ることが当たり前になっており、自分自身の判断力に自信がないのです。多分、小さい時から親の顔色を見て育ったので、この生き方は成人しても続くでしょう。

 親の指示を仰ぐ生き方、親に判断してもらう生きる方から脱却できず、指示がないと不安になり、こちらは親離れできない状態です。「何をするにも先延ばしにしたり」、素早い的確な判断ができません。「親に対して自分の本心をぶつける気迫」など持ち合わせなくなります。

 結果的に子供は何事も親に縛られ、親は子供の「輝く人生」までも潰してしまいます。今叫ばれてる「生きる力」の芽を摘み取ってるのです。このような親子関係で育つと子供はいつになっても、どこか、ひ弱なところが見えものです。

 親は子供がある程度の年令に達したら口を出し過ぎず、独立心、自ら判断できる力を培ってやり、しかし、【しっかり見守ってやることを忘れてはなりません。】

 【決して離れ過ぎず、すべてに近過ぎず】は成人した子どもへの親のあるべき態度で、バトンは落とさずに、しっかり子供という次の走者に渡せることになります。

 翻って、私は二人の娘(33才と26才)の父親です。子離れについてはどうでしょう。私自身の気持ちでは克服できてるように思います。特に妻に先立たれ、本来ならば娘をそばに置いておきたいところですが、強い気持ちで子離れできました。ピアノ演奏やレース鳩飼育、山登り、たくさんの花木の手いれなども、私をバックアップしてくれたのでしょう。

 レース鳩でさえ生後30日を過ぎると親は雛を巣から追い出す動作を示します。人間より素晴らしい子離れ、親離れです。

 やがてお仲間入りする高齢化社会の幼稚園生としては、強靭な精神でこれからの世の中を生きていく必要があり、子供におんぶに抱っこしてもらうようでは、生きることに無理があって、ひ弱となり、ついには人生が短くなるようです。身近にそのような関係を見たのでつくづくそう思います。長くいっしょに住んでいた子供が結婚して別に暮らすようになったら、まもなく亡くなりました。どれほど寂しかったことか、これなど子離れできなかった親の悲惨な最後でしょう。

 私の娘たちは長女が嫁ぎ、次女は独身ですが、次女は母親が結婚した年を上回り、独立して生きてみたいとの考えで一人暮らししてます。近年、私は9部屋もある大きな家を建て、次女と暮らしたい気持ちが強かったのですが、現在は気持ちが変わり、親の私から独立し、親に頼らず成長し、何事も自ら判断し、精神は確実に頼もしさの増した次女に拍手を送れるようになりました。

 彼女の名前はMarie Persimmon Marshで、ロイヤルチェスターにおいてウェディングプランナーをしてます。私は一人暮らしであるにもかかわらず、大事な娘たちから完全に子離れできました。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

会話がなくては生きられない。

 もうかれこれ3000回ほど食事は一人です。こればかりは面倒だからと言って抜いたことは一度もありません。食事を摂取することは生きる中枢で、もともと生物としての本能なのでしょう。うまくできてるものです。

 中年の男性が食材の買出しにマーケットに行ったりする姿は時々目にしても、私の場合は「ねばならぬ」なので辛いところです。このため、時々は朝からデニーズです。温かい目玉焼きやおかず、トースト、ハーブティーとプロが料理した朝食はバランスが取れていて一見リッチであっても、男一人のその姿はやはり寂しい。

 それであっても、朝食は客が少ないこともあり、顔なじみの女性スタッフさんたちと何気ない話ができることが私の心の落着きにつながってます。

 先日は「メールと手紙ではどちらのほうがもらった女性の心に響くでしょうか。」などと相談じみたことまで訊きましたら、「それは手紙の方が嬉しいでしょう。」と笑顔で答えてくれました。

 今の私は会話がしたい気持ちで満ちてるのでしょうか。マーケットには度々行ってるので、レジの女性たちとは顔見知りです。支払いの用件だけを済ませることはまずなくて、彼女たちの方から話し掛けてくれるか、私からも何気ないことを必ず一言話し掛けてしまいます。でも、すごく楽しく感じます。

 このことは取引してる信託銀行の窓口に行っても、殆どの女性スタッフと知り合いになってしまって、客が少ない時は彼女たちは用件以外の話しもしてくださったり、私もつい経済以外のことも話したりしてしまいます。これはきっと人の温かさを私が求めているからかもしれません。

 今の急激な円高・株安の経済状況による客への対応に追われる日々であっても、明快な応対で現状を説明してくださいます。経済のプロとは言え、【洗練された言葉遣いにはお人柄が滲み】私は銀行へ来て良かったと思ってしまいます。

 どん底の経済状況であっても、円安、株高の早い回復を願わずにはいられません。私の場合、この他に家庭の回復という希望をもって生きてるのです。蕾が膨らんできた白梅、紅梅に夢を託そう。 

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

生涯優しさを貫く

 母(義母)が86年の生涯を閉じました。妻の母です。妻はすでに他界してるので、娘のほうが先に逝ってしまったのです。妻の妹も数年前に亡くなり、近年、母は続けて2人の娘に先立たれました。

 このようなことは概してあまりあることでなく、順番通りであれば仕方ないことですが、母にとっては想像を絶する悲しみであったと思います。

 それでも、日々明るく振舞い生活し、私たちが会いに行くと常に歓迎してくれました。たくさんのご馳走も作ってくれました。しかも、ご主人が30年程前に他界し、それからは前橋の自宅でずっと1人暮らししてました。寝たきりになって介護を必要としたこともなく、自立心が強かったです。つい先日もお会いしたら優しい言葉をかけてくれました。このような崇高な精神をぜひ見習いたいと思います。

 20年以上前に実の父母を亡くしてからの私にとって、ただ1人の親でありました。このため、長年にわたり、心の支えになって頂いたのです。

 勤務が前橋になってからは時々立ち寄り、特にPTAと母の会や職員の会が夕刻からあるときは車を置かせてもらい、ついでに風呂まで頂いて、さっぱりして保護者たちの会に出席したものです。仕事柄、窓口や会の進行になることが多かったので、「五時から男」として出直して行くには助かりました。

 母の他界により一段と身内が少なくなり、私には相談する人がなくなってきましたが、これからの人生、友人をできるだけ作り、いろいろ生き甲斐を見出して張りのある生活をしていきたいと思います。【合掌】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

風変わりな大家族です。

 26才になった娘は一人暮らしをしたくなったようです。娘の母親は25歳のとき結婚したので、それより年齢が上になりました。飽きればまたいつの日かいっしょに暮らすでしょう。

 娘の希望で柴犬を飼い始めたのですが、結局、私が世話してます。このように一人で暮らすようになりますと、犬は誠に人間の良き相棒となります。最近では私にいろいろねだります。

 写真の場所は縁側で左側が私が食事する室内です。放し飼いであっても室内へは入りません。大きなサッシで外と室内は遮断されてますが、開くのですぐにスキンシップは取れます。おねだりとは立ち上がってサッシの表面を両手を使って左右代わり番仔に擦るのです。10秒間くらい擦ります。

 今までドッグフード以外は与えてなかったのですが、最近、煎餅などを与えます。味をしめたのか、ねだる習慣がつきました。ねだったら無視しないで少し与えるようにしてます。これで信頼ができます。ほとんど私の食事の時です。人間の食事は与えません。

 満2歳になり元気そのものです。時々、犬走りをすごいスピードで走るので、運動不足はないと思われ、散歩は気分転換のためです。こんなことで一人暮らしになっても柴犬「コロ」に精神的に助けられています。きっと、柴犬は原始時代の大昔から家族と共に生活してたのでしょう。

 私の家族といえばこの他にレース鳩が100羽以上います。考えようによれば人間は一人でも我が家は大家族と言えます。毎朝、倉賀野町の上空を高く群れなして飛んでるのは正にPersimmon Marsh Loftの鳩群です。倉賀野の街中で本格的に鳩を飼って飛ばせているのは私だけです。

 鳩舎内では1羽1羽の止まり木が決まっていて学校の座席のようです。これは鳥類独特の縄張り現象なのでしょう。今年は病気が出ないで健康度はいいようです。巨大トウモロコシとレンガが餌の中心です。改築してからは鳩舎内が外部から見えないようになってます。飼い主の私はこれで「鳩が安心して心休まる」と工夫してるつもりですが、鳩にとってはどうでしょう。訊きたいところです。常に鷹など猛禽類の天敵から逃れ、安心した隠れ家が鳩舎になります。

 私の役目はこれからの季節、北風など換気を調節し快適な空気と適温、湿度を下げ床が常に乾くようにしてます。時々水浴をさせてあげてます。

 こんなことを言っても、実際一人で生活するのは何かと困るのです。人が恋しくなります。

 ピアノホームコンサート【無料】を開いて近くの方に来ていただきましょう。今月27日【土】午後2時から拙宅で行なう予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

太陽黄経まもなく180度

 今日は彼岸の入り。娘が出勤する前に2人で菩提寺へ墓参りに行きました。私が願うことはいつも同じ「麻里ちゃんの健康をお願いします」と合掌しました。

 このところ続けて知人が他界しました。これを考えても健康のためにいろいろ工夫し実践することは何よりも大切だと痛感します。栄養、運動、休養のバランスを取りたいところですが、人間の意思とは弱い物、1番目は十分であっても、2番目の運動がどうしても疎かになってます。

 運動不足は内臓の各所にいろいろ支障をきたすように感じてます。そのためには、目先を工夫して持続させなくてはなりません。最近は車で景色と空気のいい場所へ行って歩くようにしてます。

 ところで、結婚したての頃、父母と妻それに私の4人だけの家族で食事もいっしょでした。当時を思い出すと、このうち私だけがこの世にいて3人はこの世にいません。不思議です。身近な3人がいなくなったのですから、「生は何か、死は何か」と自分なりに考えざるを得ません。でも「死とは何であるか」どうしてもわかりません。肉体が滅びたことは分かるのですが、「精神はどうしてしまったのか」分からないのです。彼岸のうちは先祖のことを改めてしっかり見つめ、感謝と共にお線香を手向けるつもりです。

 今の時期、北極と南極では例外的に地平線すれすれに太陽が周囲を回り、出ていたり、沈んでいたりであっても、日本を含む世界各地では太陽が真東から昇り真西に沈みます。

 彼岸については、昔からこの春分点と秋分点にあわせて特に東洋を中心に先祖の供養を行なってきているようです。太陽という大自然の動きにあわせて供養し、感謝する慣わしは日々のあわただしい生活から、「先祖のお陰で自分が生を受けてる」という基本に戻れるようで、彼岸は先人の素晴らしい智慧でしょう。今まではあまりしませんでしたが、妻が他界してからは守っていただいてる菩提寺に毎回お布施をするようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

秋が来ると思い出す

 日本の位置は温帯に属し、春夏秋冬があって、一般的に四季がはっきりしているといわれます。しかし、実際はどうでしょう。夏の前後は南東の高気圧と北西の高気圧が勢力争いし、日本列島に前線が停滞して昔からよく雨が降ります。

 前者は梅雨といわれ例年約1ヶ月半続きますが、それでも情緒が感じられます。後者は9月に相当し、毎年、長雨の季節です。今年もご多分に漏れず、連日天気が悪いです。また、時たま晴れると真夏のように気温が上昇し不快になります。

 このように考えると日本でも本州以南では雨の季節が二度あると言ってよく、1年が6つの季節に分かれると思っています。

 多くの国がそれぞれ地形的特徴を持った季節があるでしょう。緯度の高さや、あるいは海流の流れ、山岳の影響を受けて独特の季節に分かれているようです。私のいたインドでは雨季と乾季に分かれていました。ネパールは旅行として行ったのですが、インドに似てるようです。5月が夏休み、6月頃より雨季となり3~4ヶ月続き、10月からは半年以上にわたり乾季となって、日本晴れのような青い空が続きました。この時期に訪れるとそんなに暑くないです。

 本日は久しぶりに晴れて気温が上昇し、エアコンがほしいほどです。それでも、もうすぐ秋分の日。「暑い寒いも彼岸まで」といいますが、春分の日と秋分の日では温度はまったく違いますね。春分の頃はまだまだ寒いです。

 ところで、3年前の秋は亡妻の看病で、毎日、精神的な曇りで私と娘たちは本当に切ない日々でしたが、それとは比ベものにならないほど妻は辛く無念であったのです。病状は次第に悪化し、口数も少なくなり私のほうから話し掛けることが多くなりました。そして年の瀬ついに帰らぬ人となったのです。葬儀は大晦日でした。写真は妻が亡くなる1ヶ月ほど前に残した短歌です。不思議なことに死後、上毛新聞に掲載されてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査