カテゴリー「群馬の自然」の34件の記事

2019年8月21日 (水)

久々に 理想の土手を ウォーキング

P1010541_20190821043001

 男の一人暮らしは、ややもするとだらしない生活を送りがちです。これではいけないと思い、昨日は夕方5時に家を出発し、烏川と鏑川の合流地点まで往復約6Kを歩きました。ここは緑濃く本当によい所です。帰路には浅間山に日が沈み、その光景に秋を感じました。その後、次女の家に茄子を届け、夕食は8時頃になりました。でも、心身の怠慢を克服し、お酒は美味しく飲めました。


 A man's living alone tends to lead to an untidy life. I thought I should not be unhealthy in both mental and physical situation, so in the evening yesterday I left my home at 5pm and walked back and forth about 6km to the merging place between Karas-river and kabra-river. This is a really good place with dark green.
On the way home, the sun set over the active volcano Mt. Asama and I felt autumn in the picturesque scenery. After that, I went to my second daughter's family to bring eggplants by car, so that my dinner was around 8:00. However, I overcame my mental and physical laziness, I really enjoyed the sake thinking of my brilliant future.

  

| | コメント (2)

2019年8月10日 (土)

今朝の浅間山の姿

Photo_20190810063201

 気象庁の監視カメラが捉えた8月10日、朝6時の群馬県・鬼押し出し園から見た浅間山の姿です。山頂に小噴火が見られます。

 最近の気象庁では「休火山という概念はなくなり、火山は活火山であり、いつ大噴火してもおかしくないという見解です。

 長野県・御岳山の突然の大噴火や群馬県・元白根山の突然の噴火が示すように、近年は何の前触れもなく、突然噴火することが起こってます。このため、噴煙がなくとも、火山性微動がなくても、火山を登山する時は、噴火はいつでも起こり得ることを心しておくべきです。

 という私は、当時、立ち入りが禁止されてなかってことから、高校2年のとき浅間山山頂・標高2568mに初めて登頂し、山頂から見た関東平野や利根川の蛇行、長く連なる北アルプスの美しさ、高山から見ると更に大きく見える富士山、そして雲海など、ため息が出るような四方の景色に魅了され、同時に蟻地獄のような深く巨大な火口に接して感銘し、その後、数回登頂しました。火口の底からは噴煙が少し出てました。もう登ることはありません。

 

 It is the figure of Mt. Asama as seen from the Onioshidashi, Gumma Prefecture at 6:00 this morning, captured by the Japan Meteorological Agency surveillance camera. A small plume can be seen at the top of the mountain.

”According to the recent Meteorological Agency,“ The concept of dormant volcano has disappeared, the volcano is an active volcano, and it is not surprising that it will erupt at any time.

 As shown by the sudden eruptions of Mt. Ontake in Nagano Prefecture and Mt. Motoshirane in Gumma Prefecture in recent years, it is possible to occur sudden eruption. For this reason, we should be kept in mind that an eruption can occur at any time when climbing a volcano without volcanic smoke or volcanic tremors.

 Since it was not banned at that time, when I was in high school student, I climbed for the first time at the summit of Mt. Asama that is the altitude of 2568m. I was fascinated by all around scenery such as Mt. Fuji which looked even bigger when viewed from high mountain, sea of ​​clouds, a long range of northern Alps, the Kanto plain, and a snake shape of Tone-river. A little smoke came out from the bottom of the crater. I won’t climb anymore.

 

| | コメント (2)

2019年8月 7日 (水)

浅間山噴火・・・気象庁・監視カメラより

 浅間山の噴火8月7日午後11時現在の様子です。

 Mt. Asama volcanic eruption of August 7, 11:00 pm is as below.

現在の様子が動画で見られます。

http://www.data.jma.go.jp/svd/volcam/data/volc_img.php

関東中部地方→浅間山鬼押し出しを選択してください。

Photo_20190807231901

 

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

東京へ 行くと疲れる 田舎者

P1070915

 写真の花は多年草のユウスゲです。今、隣の庭で咲いてます。群馬県では榛名山に多く見られます。一見、ユリに似てますがユリではありません。

 昨晩は東京からの帰りそのまま、久々に高崎市の「バク」で一日の疲れを癒しました。珍しく帰宅は11時でした。一方、今日は黄色い車の12ヶ月点検です。

 
 The flower in the picture is the perennial Yuhsuge. It is blooming now in the neighbor's garden. In Gumma Prefecture, it is often found in Mt. Haruna. At a glance it resembles a lily but not a lily.
 

 By the way, I returned from Tokyo last night, and after a long time I healed the tiredness of the day at the tavern named Baku inTakasaki City. It was rare that I returned home at 11:00. On the other hand, today I will go to Audi branch office as a 12-month inspection of the yellow car.

P1060023_20190625053601

 整備は約1時間で終了しました。バッテリー交換は未だ不要とのことで、エンジンオイルなどを交換しました。その後、運転したらアクセルを少し踏んだだけで動きがよくなり、やはり、すべてを点検すると車の反応がよくなりました。

 The maintenance was finished in about one hour. It was not necessary to replace the battery, so I changed engine oil etc. After that, when I drove, I stepped on the accelerator a little and became better than before. When the worker checked everything, the car became more responsive.

 

| | コメント (2)

2019年5月 4日 (土)

荒船山 またもや起きた 滑落事故

P1070551

【群馬県倉賀野町から見る荒船山・標高1423m】

 ニュースで報道されてる通り、この連休中に荒船山で再度、滑落事故がありました。4回登ったことのある私はその感想を以前にブログに書いてます。このため、昨日は検索によりブログにかなりのアクセスがありました。お時間がありましたらお読みください。

http://hatomusic.air-nifty.com/blog/2009/09/post-bab8.html

As reported in the recent news, there was a sliding accident again at the perpendicular cliff named Tomoiwa of Mt. Arafune in our prefecture during this consecutive holidays. I have ever climbed this mountain four times before so that I had written the impressions of Mt. Arafune on my blog. Because of this, yesterday there was a lot of accesses to my blog by searching. Would you please read if you have time.

 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

恐竜が 群馬にもいた 中生代 

1億6千万年前の中生代に生存した恐竜の足跡が現在でも群馬県神流町中里地区に残ってます。ここは埼玉県秩父市に近い県境付近です。足跡の周囲に波の形もたくさん残ってます。この時代は群馬県も海であった証です。日本列島が大陸と陸続きであったことからモンゴルに生息していた恐竜が群馬県にやってきたと推測できます。写真の二つの穴が恐竜の足跡です。


The footprints of dinosaur that had inhabited 160 million years ago in the Mesozoic era still remain in the Nakazato area, Kan-na-town, Gumma Prefecture, Japan. Here is near the prefectural border between Chichibu-City, Saitama Prefecture. A lot of wave shapes remain around the footprints as well. It is proof that Gumma prefecture was also in the sea at that period. Since the Japanese archipelago was one part of the Eurasian continent, it can be inferred that dinosaurs that inhabited in Mongolia came to Gumma prefecture, Japan. The two holes in the perpendicular cliff are dinosaur's footprints.

Dscf0381

 

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

父曰く 昔は白根 よく噴火

P1020644


お気に入りのウォーキングコースで撮った写真です。新幹線と遠望の白い山は元白根山です。1年前に急に噴火しました。亡き父の話では昔は白根山がよく噴火し、噴煙が倉賀野からも見えたそうです。私は元白根は好きな山の一つで噴火口近くも散策しました。これからまだ幸せに生きたいので元白根山の登山は止めます。この山のすぐ下で吹奏楽部の合宿をしたことがあります。
 
This picture was taken from my favorite walking course. The Shinkansen as you see is, what we call, bullet train bound for Niigata, and a distant view of white mountain is Mt. Moto-Shirane. This mountain was suddenly erupted a year ago. In the story of my deceased father, Mt. Shirane erupted many times in the past. He told me that the smoke was seen at Kuragano-town. I have ever taken a walk near the crater of the mountain due to one of my favorite mountains. From now on, I have a intention to live happily, so I will stop climbing Mt. Moto-Shirane. And I had ever experienced a training camp of the wind orchestra of Maebashi High School just below this mountain near Kusatsu Spa.
 

| | コメント (2)

2019年1月 8日 (火)

吾妻峡 谷底深く 吸い込まれ

P1070184【耶馬渓しのぐ吾妻峡】

 
橋の上から青い水面までは70mほどの深さです。遥か下の谷底は想像絶する深さです。今日は八ッ場ダム工事の進捗状況を知るため黄色い車を走らせました。また、その下流の険しい吾妻渓谷を見学しました。群馬県民でありながら、きちんと見学したことが無かったので真っ青な渓谷の素晴らしさに驚くと共に、巨大なダムが完成しても吾妻渓谷が残存することを知りました。拡大してご覧いただくと臨場感が出ます。
 
It is about 70 m deep from the top of the bridge to the blue water surface. The far bottom valley is an unimaginable depth. Today I drove the yellow car to know about the progress of the Yamba Dam construction. Also, I went to see the steep ridge of Agatsuma Valley where is downstream of the huge dam. Despite being a person in Gumma prefecture, I was surprised by the splendor of a pure blue valley because I had never properly observed it, and I also learned that Agatsuma Valley remains even when the dam is completed. Enlarging the photo will give you a sense of realism.
 
P1070186 【Audi TT Quattro】

 関越自動車道をよく走りましたが、黄色で目立つからでしょうか、後ろからパトカーが近づいて来たので、捕まったかと思いましたが、無事に難を逃れました。

It ran well in the Kan- etsu highway. However, because this is a conspicuous yellow car, the police car approached from behind. At that time I thought I was caught, but fortunately I escaped the difficulties.
 
 

| | コメント (2)

2018年10月11日 (木)

紅葉が始まる

P1020959


写真は赤城山の小沼です。ここの標高は1450mで、湖沼として県内で最も高所に位置します。秋は紅葉が素晴らしく、一見に値します。冬季は氷が張り詰めます。左に見える長七郎の山頂からは年間を通じて東京の高層ビル群が見え、特に1月には太陽の方角と同じになることから東京湾が見えます。つまり、海なし県の群馬から海が見えるのです。

The picture is a small lake named Konuma in Mt. Akagi. The altitude here is 1,450m and it is located at the highest altitude in Gumma prefecture as a lake. Autumn leaves here are marvelous beyond description, it is really worth seeing. The lake is filled with a tense Ice in winter. From the summit of Mt. Choshichiro that is visible on the left, you can see the skyscrapers in Tokyo throughout the year. Especially in January we can see the Tokyo Bay because it is the same direction as the sun. To sum up, Tokyo Bay is visible from Gumma prefecture where is without sea.
 
P1020941
 
 

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

啓蟄に、茂林寺に広がる湿原地帯をウォーキング

Photo【みずがめ座】・・・ウィキペディアより転記

 今年の啓蟄は3月5日です。啓蟄とは地球から見た太陽の位置が赤経23hにある日のことで、ここには「みずがめ座」があります。日本など北半球から「みずがめ座」を見るとその形は逆さまでも、オーストラリアなど南半球から眺めれば、口が上になり「水瓶」そのものです。
 
 「みずがめ座」の底の部分は赤緯±0°なので天の赤道に水瓶が置いてある感じです。有名な冬の星座「オリオン座」のベルトの部分に当たる「三っ星」の最も右の星「ミンタカ」も同様に天の赤道にあるので、北半球の星座か、南半球の星座かなど、他の星座を観察するのにこれを覚えておくと便利です。
 
 一方、「みずがめ座」には一等星のような明るい星はなく、夏山の深夜など周囲に光がなく、空気が澄んでれば、その大きな「水がめ」が逆さになってることが分かります。
 
 太陽が「水がめ座」を通り過ぎると、いよいよ「魚座」にある春分点【赤緯±0°、赤経0°】に到達します。前述の23hという現在太陽がある天の赤経は春分点から西へ15°の位置で23hと表記されます。
P1020453_2 【茂林寺裏の湿原地帯一周はおよそ2Kmで木道が続く】
 
 ところで、群馬県民は小学校低学年から高齢者まで「茂林寺」(もりんじ)の名前を知ってます。県民の殆どが小学生時代に「上毛かるた」を習ったからです。これは群馬県のかるたで、そのなかの「ふ」が「ぶんぶく茶釜の茂林寺」と詠まれてます。
 
P1020424 【北関東道を進む黄色い愛車】
 
 啓蟄の5日、私は暫くぶりに愛車Audi TT Quattroで高崎ICから北関東道に入り、245-40-18ミシュラン・パイロット・スーパースポーツタイヤは路面をしっかり捉え、轟音と共に東へと向かい、恰も「水を得た魚」のように快調です。
 
 あっという間に太田市を過ぎ、足利からトンネルを数回通り抜け、栃木県の岩舟JCT経由で東北自動車道を南下し、館林ICで下りました。
 
 英語版ナビは「茂林寺」まで的確に案内し、いつかは行きたいと願ってた「茂林寺」に到着。有名な寺の境内を一巡してから、寺の後ろに広がる広大な湿原地帯をめざし、早速ウォーキング開始です。
 
P1020442
 
 小動物の宝庫である湿地帯には鴨が泳ぎ、私はどんどんウォーキングです。小道は整備され、歩きやすく、いつものペースで歩いても景色はいつもと異なる別世界です。茂林寺の裏は幾分か低く、古来より湿原地帯といわれます。
 
P1020448 【案内板を読む】
 
 ここは館林市民の自然公園であり、自由に散策できることからウォーキングしてる人があちこちに見えます。湿原地帯でのウォーキングは空気がきれいで抜群の自然環境です。早春の小鳥の声に耳を傾け、五感が研ぎ澄まされます。
 
P1020439 【思わず歩きたくなる小道】
 
 湿原地帯はまるで尾瀬を彷彿させる雰囲気があり、長く続く木道は整備され歩きやすく、夏は蛍の生息地として大切に環境が保存されてます。
 
 ところで「茂林寺」は一般の寺より、二回り大きな本堂です。現在では珍しくなった茅葺き屋根は圧倒的な景観をなし、室町時代の応永33年(1426年)に開山と伝えられます。ぶんぶく茶釜で有名な境内にはいろんな表情をした狸が並び、訪問者をユーモラスに迎えてくれます。
P1020435 【本堂】
P1020428 【狸のお出迎え】
P1020429 【参道に並ぶたくさんの狸】
 
 ご覧の通り、山門も立派な茅葺き屋根です。近くの千代田町には萱野という地名があり、この地帯は昔から茅が採れたのでしょう。
 
 私は群馬に生まれ育ちましたが、県内には未だ訪れてない名所旧跡が数々あり、今後、順次あちこち巡り、今回のように近隣のウォーキングを兼ねた一石二鳥の旅にしたい。
 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 情熱 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 暦について 月の満ち欠け 未来ある子供の安全 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査