フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「群馬の自然」の78件の記事

2024年6月18日 (火)

低気圧から高気圧への推移

Img_6186
Img_6185Img_6184
  
午後6時の段階で、雨を降らせた低気圧が通り過ぎ、西から太陽が差し始めてます。明日は晴れでしょう。しかし、東の空には未だに真っ黒な低気圧の雲が目え、群馬県は現在、丁度、高気圧と低気圧の間にあることがよく分かります。
  
 写真は上が活火山・浅間山です。その写真内の左下に見える像が高崎観音です。長い山は榛名山です。いずれの写真も3階の窓から撮りました。
 
 私の風邪もこの天気のように、明日は回復するでしょうか。
 
Dear my Facebook friends
 As of 6:30 pm, the low pressure system that brought the rain has passed, and the sun is beginning to shine from the west. Tomorrow will be a fine day. However, the pitch black clouds of the low pressure system are still visible in the eastern sky. Therefore, I can recognize that Gumma Prefecture where I live is currently located exactly between high and low pressure systems.
 
 The photo at the top is of the famous active volcano, Mt. Asama. The figure visible in the bottom left of the photo is Takasaki Kannon. The long mountain is Mt. Haruna near the well-known Ikaho spa. The photo with the black clouds at the bottom right is my Kuragano-town. All of these photos were taken by me from a third-floor window.
 
 I wonder if my cold will go away by tomorrow, like this weather.
 

2024年4月27日 (土)

暫くぶりに森の中をウォーキング

Img_5966
Img_5965Img_5964
 
 鬱蒼とした樹木に覆われてる「群馬の森」の中を昨日の午後、1時間ほどウォーキングしてきました。ここは私の家から比較的近い高崎市綿貫町にある広大な森です。緑の中を歩くと、平素の喧騒とした社会から離れ、こんな私でも「人間性を取り戻す」感覚です。
 
 多くの樹木は、その1本1本の高さが20m程の巨木ばかりで、樹齢100~200年と推定できます。その中をご覧の通り遊歩道が整備され、歩きやすくウォーキングの理想郷です。平素、私は烏川や鏑川を見ながら土手を歩くことに慣れてますが、このように空気のよい森の中をウォーキングするのも実に健康的です。
 
 歩きながら、ふと昔を思い出しました。長女が1才でよちよち歩きの頃です。私の両親と共に家族5人でここに来たことが蘇りました。それにしても、当時からずいぶん年数が経ったと実感です。その長女と、当時まだ生まれてなかった次女が今宵それぞれ家族を連れて、我が家で孫娘の誕生会が開かれるのですから時代が変わりました。
 
 実は、私が小学生の頃、この群馬の森の中に「岩鼻中学校」があり、私は訪れたことがあります。というのは、私の姉がそこで音楽教師をしていたからです。 
 
Dear my friends abroad
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
.........................
 Yesterday afternoon, I walked for about an hour through the densely growing "Gumma Forest". This is a vast forest located in Watanuki-town, Takasaki City, which is relatively close to my residence. When I walk through the greenery, I get away from the hustle and bustle of society and though like this man, I feel "regaining humanity."
 
 Many of the trees are huge beyond expectation, each around 20 meters tall, and are estimated to be 100 to 200 years old. As you can see, there is a well-developed promenade, making it an ideal place for walking. Normally, I'm used to walking along the bank of the Karas and Kabra rivers while looking at them, but walking in the forest with good air like this is also really healthy.
 
 While I was walking, I suddenly remembered the past. It brought back memories of coming here with my parents as a family of five when my eldest daughter was one year old and a toddler. My second daughter was not yet born at the time. Even so, I feel that many years have passed since then. Times have changed. By the way, my eldest daughter and second daughter will be holding a birthday party for second daughter's daughter tonight at my home with their families together.
 
 In fact, when I was an elementary school student, there was a school called "Iwahana Junior High School" in this Gumma forest, and I had visited it. Because my eldest sister was a music teacher there.
 

2024年2月 9日 (金)

浅間山を眺める度に、蘇る若き日の登頂

1153_20240209164301
 
 高崎市木部町の鏑川の土手から、午前中に撮った活火山・浅間山です。青空とマッチして優美にして雄大な白銀の姿です。標高2568mの威容を見ると、群馬県に住んでいて良かったとつくづく思います。
  
 しかし、自然は素晴らしい景色という恩恵を与えるのみでなく、長い年月に私たちの祖先は浅間山の脅威に震えました。1783年(天明3年)には、地元・鎌原村を襲う大噴火が起こり、241年経過した今でも、多くの民家と400名以上と言われる人命を飲み込んだままになってます。流れ出た熱泥流は我妻川から利根川を下り、50km以上離れた群馬県東部にまで被害を及ぼしたと記録されてます。
 
 私が中学生の頃にも、たびたび大噴火が起こり、頂上から5000m程もくもく立ち昇る噴煙の光景が今でも目に焼き付いてます。
 
 若き日、元気だった私はこの浅間山に3回登頂し、山頂は別天地のため四方八方の光景が素晴らしく、広大な関東平野と利根川の蛇行、北アルプスの連なり、高く見えた富士山の姿は今でも鮮明に覚えています。
 
 それ以上に、浅間山山頂で最も印象深かったことは、直径は300mほど、200mほど垂直に切り立った深い火口で、常に崖の途中から煙が出てました。人類は月世界に行けても、浅間山の火口底に降りた人は未だ居ないでしょう。
  
Dear my overseas friends who are interested in active volcano
 This is the active volcano, Mt. Asama, taken by me in the morning from the bank of the Kabra River in Kibe-town, Takasaki City. It has an elegant and majestic silvery appearance that matches the blue sky in this season. When I see the majesty of the mountain at an altitude of 2,568m, I am truly glad that I live in Gumma Prefecture, Japan.
 
 However, nature does not only provide us with the blessings of wonderful scenery, but many years ago, our ancestors trembled at the threat of Mt. Asama. In 1783 (Tenmei 3), a large eruption occurred that hit the local village named Kambara, and even now, 241 years passed, many homes and over 400 people were berried by the volcanic eruption. It is recorded that the thermal mudslide that flowed from the Agatsuma River down the Tone River caused damage as far as eastern Gumma Prefecture, more than 50 km away.
 
 When I was a junior high school student, large eruptions often occurred, and the sight of volcanic smoke rising 5,000 meters from the summit is still etched in my mind.
 
 When I was young and energetic, I climbed Mt. Asama three times. The summit was a different world, so the views in all directions were spectacular. The vast Kanto Plain and the meandering Tone-River, the Northern Alps, and the high view of Mt. Fuji. I still remember it vividly.
 
 More than that, the most impressive memory about the summit of Mt. Asama was the deep crater, about 300m in diameter and about 200m vertical depth, with smoke constantly coming out from the middle of the cliff. Even if humans could go to the moon surface, there would still be no one who has descended to the bottom of the crater of Mt. Asama, I guess.
  

2024年1月23日 (火)

群馬県西部の光景に思わず惹かれる

Img_5557
【画像をクリックし、拡大すると臨場感が出ます。】
 
 昨日のウォーキング中、位置の高い「新鏑川橋」から群馬県西南部の方角に聳える雄大な荒船山に目を奪われ、思わずシャッターを切りました。ご覧の通り、頂上付近は平らで長いテーブルマウンテンです。周囲は推定120mほどの切り立った断崖絶壁で、左に見える高い山は経塚山【1423m】と命名されてます。
 
 荒船山は、群馬県下仁田町から長野県佐久市にかけての県境に位置します。ドライブでは今は亡き両親と幼き長女を連れて行ったり、また、風穴を訪れるなど幾度も近くに行きましたが、群馬県側の遠方から見るこの景色がとてもよく、その名の通り、荒海を進む不沈空母のような姿です。
 
 私が最初に荒船山に登頂したのは17才で、艫岩などこの山の魅力に惹かれ、その後も4回登ってます。頂上からは活火山・浅間山がより雄大に見え、眼下に神津牧場が見えます。最後の登頂は15年ほど前に今は亡き友人Tと共にです。
 
 この時、私は未だレース鳩を飼育していたので、数羽の鳩を籠に入れ登りましたら、行き交う登山客に「この中に何が入ってますか」と度々尋ねられ、その都度、「鳩が入っており、頂上から高崎市の私の家まで飛ばします」と答えました。
 
 この長い頂上を右から左へ【北から南へ】の一帯は、まさに、「高天原」で背丈の低い樹木の中を1時間ほど進むと、左の小高い経塚山に着きます。ここから鳩を1羽1羽飛ばしました。放鳩位置が高いので、方向判定は良く、間もなく視界から消え、鳩たちは無事に私の鳩舎に先に到着してました。
 
Dear my overseas friends who like nature and the symbolic bird as a peace
.................
 While walking yesterday, my eyes were fascinated to the majestic Mt. Arafune towering in the southwestern part of Gumma Prefecture from the high New-kabra-River-Bridge, and I couldn't help but snap the photo. As you can see, this table mountain is flat and long in the top. It is surrounded by sheer cliffs estimated to be about 120m high, and the high mountain on the left is named Kyozukayama [1423m].
 
 Mt. Arafune is located on the prefectural border between Shimonita-Town, Gumma Prefecture and Saku-City, Nagano Prefecture. I took my deceased parents and young eldest daughter on drives, and I visited the wind cave many times, but the view from a distance on the Gumma Prefecture side was very beautiful. It looks like an unsinkable aircraft carrier moving forward.
 
 I first climbed this Mt. Arafune when I was 17 years old, and was drawn to the mountain's charms such as the Tomoiwa formations, so I have climbed it four times since then. From the top, we can see the active volcano Mt. Asama even more magnificently, and you can see Kozu-Farm below. The last time I climbed it was about 15 years ago with my late friend T.
 
 At that time, I was still breeding racing pigeons, so when I bring a few pigeons in a cage and climbed up, the climbers passing by often asked me, "What's inside?" I answered, "There are pigeons in there, and I will fly it from the top to my loft in Takasaki City."
 
 This long summit from right to left [north to south] looks like exactly "Takamagahara" that means the dwelling place of gods in Japanese mythology. After walking through the short trees for about an hour, I arrived at the slightly elevated Mt. Kyozuka on the left. From here I released the pigeons one by one. Because the pigeon release position was high, they had good direction judgment, and soon they disappeared from sight, and the pigeons arrived safely at my loft first than me.
 
 

2024年1月17日 (水)

高気圧に覆われ、高崎市から谷川岳を望む

Photo_20240117160301
 
 今日の群馬県の天気は高気圧に覆われ、周囲の山岳は手に取るように眺めることができます。写真は、高崎市山名町の高台から撮った「谷川連峰」です。雲一つなく、これほどきれいな白銀の景色も珍しいです。
 
 長女が小学生のとき連れて、頂上まで登ったことがあります。もちろん夏です。また、谷川岳上空をヘリコプターで遊覧飛行したことがあります。このときは当時3才の次女も一緒でしたが、おそらく彼女は記憶にないでしょう。
 
 また、この山の裏側【新潟県・湯沢町】からレース鳩の訓練をしたことがあります。鳩が北海道から高崎市まで直線コースで帰還する場合、最後にこの山の上空を通過することになるからです。
 
 この近くには温泉があります。湯檜曽温泉、谷川温泉、みなかみ温泉などです。雪が解けたら、青い車で暫くぶりに関越道を走り、行ってみます。
 
【日本文と英文に多少の差異がございます】
 
Dear my friends abroad
 Today's weather in my Gumma Prefecture in Japan is covered in anticyclone, therefore we can see the surrounding mountains as if we could touch them. The photo is the well-known Tanigawa Mountain Range taken from a hill in Yamana-town, in Takasaki-City. It is rare to see such a beautiful silvery-white scenery without a single cloud.
 
 When my eldest daughter was in elementary school, I took her to the summit of this mountain. Of course it's summer. I have also taken a scenic flight by a helicopter over Mt. Tanigawa. My second daughter who was about 3 years old at the time, was also with me at the time, but she probably doesn't remember it.
 
 I have also trained racing pigeons from behind this mountain [at Yuzawa-Town in Niigata Prefecture]. This is because when pigeons return from Hokkaido to Takasaki-City on a straight course, they will pass over this mountain at the end.
 
 There are some hot springs near here. These include Yubiso-Onsen spar, Tanigawa-Onsen, and Minakami-Onsen. When the snow will be melted, I'll drive through the Kanetsu Expressway by my blue car after a long interval with you in dream.
 

2023年12月28日 (木)

充実した一日でした。

Img_5467
【庭に生る金柑です。】 
 
 昨日は用事があって東京へ行き、山手線に最近オープンした「高輪ゲート駅」に降りました。前もって、地図を頭に入れておいたので、スムースに目的地に向かいましたが、途中、コンビニがあったのでトイレを借りようと思ったら、店員が「買い物をしなければトイレは使えません」とのことで、緊急時なのに驚きました。
 
 仕方なく、ガムを1個買って用を済ませましたが、一瞬、東京で生きる厳しさを感じました。群馬・高崎ではこんなことはなく、自由にコンビニのトイレが使えます。本来、コンビニは便利な所という意味ですが、これでは、インコンビニエンスです。
 
 昨日は所用が済み次第、東京から帰宅の途に就きましたが、高崎に着いたのは午後8時頃だったので、そのまま、馴染みの「バク」に行き、一日を振り返りつつ、一杯戴きながら夕食を済ませました。
 
 それにしても、東京は人・人・人・ビル・ビル・ビルです。このため、私は、「緑があり、上毛三山など自然が豊かで広々し、温泉がある群馬県で生活できる喜び」を再認識できました。
   
Dear my overseas friends
The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast finishes in Japan time.
.................
 Yesterday I went to Tokyo for some business and got off at the recently opened Takanawa-Gate Station on the Yamanote Line. I had a map in mind beforehand, so I headed to my final destination smoothly, but there was a convenience store on the way and I wanted to use the restroom, but the store clerk said, "You can't use the restroom unless you buy." I was surprised, even though it was an emergency.
 
 I had no choice but to buy a piece of gum and finish my errands, but for a moment I felt the harshness of living in Tokyo. This doesn't happen in my Gumma Takasaki-city, and we can freely use the convenience store's toilet. Originally, a convenience store means a convenient place, but in this case, it is an inconvenience.
 
 Yesterday, as soon as I finished my errands, I headed home from Tokyo, but I arrived in Takasaki around 8pm, so I went straight to my familiar tavern named "Baku" and had a drink while reflecting on the day. I finished my dinner there, of course including "Bottoms up".
 
 Anyway, Tokyo is people, people, people, huge buildings, buildings, buildings. For this reason, I have reconfirmed the joy of living in Gumma Prefecture, where is full of greenery, spacious nature such as the three well-known mountains and hot many springs.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.co
  

2023年11月23日 (木)

ドライブには絶好のシーズン

Img_1368
 
 群馬県の方ならお判りでしょうが、ここは何処でしょう。遠方にテーブルマウンテン、つまり頂上が平らな「荒船山」が見えます。愛車アウディーTTクワトロでドライブによく行く場所です。
 
 実は、遠方の「荒船山」も私のお気に入りの山で、記憶してる限りでは5回登頂し、平らな頂上の左の山【標高1423m】から数羽の鳩を飛ばして私の家まで約50Kを帰らせたことがあります。鳩もこんな高い所を飛んだことはないでしょう。
 
 ところで答えです。写真の車が止まっているところは上毛三山の一つ「妙義山」で、中ノ岳神社の駐車場です。ここからは群馬県南西部がよく見えます。妙義山は紅葉の名所ですが、紅葉はもう終わりました。
 
【本文と英文に多少の差異があります。】
 
Dear my overseas friends who like autumnal tint
 If you are person who live in Gumma Prefecture, you probably know this parking lot, but where is this place? In the distance you can see Table Mountain named Mt. Arafune which has a flat summit. I often go there for drive with my beloved Audi TT Quattro, but, regrettably with no lady in the passenger's seat.
 
 In fact, the distant Mt. Arafune is also my favorite mountain, and as far as I remember, I have climbed it five times, and I released a few pigeons from the mountain of the left in the flat summit [1423m above sea level] to return my house. The distance is 50km to my home. Even pigeons have never flown so high altitude.
 
 By the way, here's the answer. The car in the photo is parked at Mt. Myogi which is one of the three well-known mountains in Gumma prefecture. So here is in the parking lot of Nakanodake Shrine. From here we can clearly see the southwestern part of Gumma Prefecture. Mt. Myogi is a famous spot for autumn leaves, but the autumn leaves have already finished now.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年11月16日 (木)

御荷鉾山山頂からの景色に感銘

Img_5355
【写真をクリックすると臨場感が出ます。】
 
 写真は、群馬県の平野部から、よく見える東御荷鉾【みかぼ、左1246m】と西御荷鉾【右1286m】です。とりわけ、私のウォーキングコースである鏑川の土手からは丸みを帯びた雄大な二つの山並みが迫って見えます。
 
 実は、幼き日の二人の娘を連れて両峰とも山頂を極めました。特に下の娘は2才だったので、私が殆ど背負って登りましたが、頂上に近くなってからは自身に歩かせ、日本アルプスや、関東平野の景色が開ける瞬間を味わわせました。40代になった娘たちは覚えているでしょうか。
 
 山頂から北に目をやると、高崎・前橋など群馬の中央部が手に取るように見えます。また、平地で見る姿と異なり、高い位置からは赤城山・榛名山が更に大きく聳えて見えます。南に目をやると富士はもちろん、山梨や長野県の山々が見えます。日本は山また山を実感します。
  
 御荷鉾山の山頂へ登ると驚くことがあります。それは平素はあり得ないことですが、榛名山の全景の遥か上に谷川岳を中心とする上越国境の山脈が連なって見えることです。頭で分かっていても、実際にこの光景を眺めると、平素の榛名山の景色とは全く異なり、群馬県民でも思わず溜息が出るでしょう。
 
Dear my overseas friends who have a hobby of mountaineering
 The simultaneous interpretation for you will be later, because from now on I will participate the radio gymnastics held in the park then I take a breakfast in Japan time. Then, I'll interpret into English for your understanding above mentioned contents.
...........
 The photo shows Mt. Higashi Mikabo [left 1246m] and Nishi Mikabo [right 1286m] clearly visible from the plain of Gumma Prefecture. In particular, from the bank of the Kabra-River which is one of my walking routes, I can see two majestic, rounded mountains approaching me.
 
 In fact, I took my two young daughters to the top of both mountains. In particular, when my younger daughter was 2 years old, I carried her up most of the way up the mountain, but once we got close to the top, I let her walk on her own, and her experience to the moment when the scenery of the Northern Alps and the Kanto Plain opened up. Do my daughters, now in their 40s, remember?
 
 If you look north from the summit, you can see the central part of Gumma, including Takasaki-city and Maebashi-city. Also, unlike you look from the plain, Mt. Akagi and Mt. Haruna appear even larger by seeing from a higher position. If you look to the south, you can see not only Mt. Fuji but also the mountains of Yamanashi and Nagano prefectures. Japan is full of mountains.
 
 We may be surprised when we climb to the top of Mt. Mikabo. This is something that is not normally possible, but far above the panoramic view over Mt. Haruna, you can see the Joetsu border mountain range, centered on Mt. Tanigawadake. Even if you know it in your head, when you actually see this scene, it is completely different from the usual scenery of Mt. Haruna, and even Gumma residents will sigh with this reality.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年10月15日 (日)

足が竦んだ怖い思い出!

Img_5195
 
 「赤城颪に送られて、学びの窓に集まりし」の歌詞で始まる前橋高校校歌のみならず、群馬県下の多くの小中高の校歌の歌詞として歌われてる赤城山です。標高1828mです。赤城山と命名された由来は、夕日に輝くと山全体が赤く染まることによると伝えられてます。
 
 写真をクリックし拡大しますと、各峰々がよく分かり、左から三角形のように尖った峰が「鈴ヶ岳」で山頂からの眺望は群馬の西の山々が手に取るように見えます。次が「鍋割山」「荒山」「地蔵岳」「黒檜山」(最高峰)「駒ヶ岳」「長七郎山」です。
 
 私はすべての峰に登りましたが、眺望にそれぞれ趣があり、どの峰からも「富士山」が見えます。特に、東端の「長七郎」の山頂からは関東平野が一望でき、東京・新宿の高層ビル群や東京湾が見えます。近所の方々と正月登山を行い、山頂では一杯戴きながら楽しいひと時を過ごした思い出があります。
 
 赤城山の頂上付近にはカルデラの「大沼」と「小沼」があり満々と水を蓄えてます。前者の周囲はおよそ4kmで私のお気に入りウォーキングコースの一つで、湖畔の南側には終戦時の内閣総理大臣「鈴木貫太郎」の碑が建立されてます。彼は、前述の前高出身です。
 
 一方、「小沼」の周囲は1Kほどで、手つかずの自然が残っており、やはり、幾度か周遊しました。しかし、近くには恐ろしい「三途の川」があり、近くでは後から何か出そうです。
 
 いいですか。よ~く聞いてください。実は、私は一人で「三途の川」を探検しようと思い源流に向かいました。ところが、途中でついに身の毛がよだち、足が前に進めず、やむを得ず引き返したことがあります。森林が薄暗く生い茂り、一人では恐ろしさで背筋がぞくぞくし、何か音がしたとき、ついに「出た~!」と思い、慌てて逃げました。
 
Dear my overseas friends who love nature
 Mt. Akagi is sung not only in the Maebashi High School's school song, which begins with the lyrics, "We are sent to wind from Akagi, and we gather at the window of learning," but also in the lyrics were used by school songs of many elementary, junior high, and high school in Gumma Prefecture. The altitude is 1828m. It is said that the name of Akagiyama came from the fact that the mountain turns red entirely when the setting sun shines in the evening.
 
 If you click on the photo to enlarge it, you can clearly see each peaks. The triangular peak from the left is Suzugatake, and the view from the top looks the mountains of the west of Gumma. Next are "Nabewariyama", "Arayama", "Jizodake", "Kurobiyama" (the highest peak), "Komagatake" and the easternmost "Choshichiroyama".
 
 I have climbed all the peaks, and each one has its own unique view, and I could see Mt. Fuji from every peaks. In particular, from the easternmost peak of Mt. Choshichiro, I could see a panoramic view of the Kanto Plain, as well as Tokyo Shinjuku's skyscrapers and Tokyo Bay. I have fond memories of going to mountain climbing on New Year's Day with my neighbors and having a great time with drinking at the top of this mountain.
 
 Near the top of Mt. Akagi, there are the caldera named "Onuma" and "Konuma" that store plenty of water. The former is about 4km in circumference that is one of my favorite walking courses, and on the south side of this lake there is a monument of Suzuki Kantaro, the Japanese Prime Minister at the end of the world war Ⅱ. He is a graduate from the aforementioned Maebachi High School.
 
 On the other hand, the surrounding area of lake "Konuma" is about 1km in circumference and has untouched nature, so I went around it several times. However, there is a scary "the River Styx" nearby, and something will probably come out later.
 
 Listen to me carefully. Actually, I decided to explore "The River Styx" by myself and headed to its source. Halfway through, I finally got so scared that my legs couldn't move forward and had no choice but to turn back. The forest was dark and thick. When I was alone I felt a shiver of fear run down my spine, and when I heard a sound I thought, "A ghost appeared!" I panicked and ran away.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年9月29日 (金)

榛名山でも熊が出没します。

Img_3999
【画像をクリックし、拡大すると臨場感が出ます。】
 
 写真は群馬県の中央に聳える「榛名山」(標高1449m)の全景です。倉賀野町からはすべての峰が見え見事です。その理由は、榛名山が南西から北東に伸びており、私の住む倉賀野町が南東に位置し、正面から見るからです。
 
 ご覧の通り、榛名山は多くの峰々から成り立ち、元々それぞれは火山と考えられます。私は今までにほぼすべての峰に登りました。峰々からはそれぞれ雄大な景色が見られ、特に西端の天狗山山頂からは西上州の景色がよく見えます。私が最も印象深く感じたのは見かけ上一番高い「相馬山」で関東平野が一望です。富士山もよく見えます。
 
 中央にはカルデラの榛名湖があり、周囲およそ4kmの広い湖です。今でも、時折、マイナスイオンを感じつつ、一周ウォーキングをします。帰路には途中の伊香保温泉に浸かり、これが楽しみです。しかし、時折、熊が出没するので、榛名山に登るときは細心の注意が必要です。友人アルカディアさんはここで熊に遭遇し、逃げる途中、転んで足を骨折しましたが、それでも逃げたそうです。
 
 一方、我妻川の北岸の丘陵地には黒井峯遺跡があり、6世紀中頃に起きた榛名山二ツ岳の噴火で埋没した古墳時代の集落の遺跡があり、今でも、多くの家屋が埋没したままです。場所は子持中学校のすぐ西です。
 
 以前にレース鳩を飼育してたとき、数回、この黒井峯遺跡から距離25km程の放鳩訓練をしました。黒井峯遺跡からは日本の名湯「伊香保温泉」の街並みがよく見えます。私のフェイスブックの上部に掲げてある円錐形の山は最も東の水沢山です。
           
384271718_6485484104907934_5608560697682
 
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for you will be later, because from now on I will participate to the radio gymnastics held at the park and take a breakfast. Then I'll interpret into English for your understanding above mentioned contents.
・・・・・・
 The photo shows a panoramic view of Mt. Haruna (1,449m above sea level), which towers in the center of Gumma Prefecture, Japan. All the peaks can be seen from my Kuragano-Town and are spectacular. The reason for this is that Mt. Haruna stretches from southwest to northeast, and Kuragano-Town is located in the southeast so that we can see the panoramic view from the just in front.
 
 As you can see, Mt. Haruna is made up of many peaks, each of which is originally thought to be a volcano. I have climbed almost every peaks so far. Magnificent views can be seen from each of the peaks, and the view of western Gumma Prefecture can be seen particularly well from the summit of Mt. Tengu at the western end. What impressed me most was Mt. Sohma, which is apparently the highest mountain and offers a panoramic view of the Kanto Plain. We can also see Mt. Fuji clearly.
 
 In the center of Mt. Haruna is the caldera of Lake Haruna, which is a large lake that Ms. Sarah Spence had seen, with a circumference of approximately 4 km. Even now, I sometimes walk around the lake feeling the minus ion. I'm looking forward to soaking in Ikaho Spa on the way back. However, bears occasionally appear, so you need to be extremely careful when climbing Mt. Haruna. My friend Arcadia encountered a bear here, and while he was running away, he fell and broke his leg, but he still ran away.
 
 On the other hand, on the hilly area on the north bank of the Agatsuma-River, there are the Kuroimine ruins, which contain the ruins of a village from the Kofun period of 6th century that was buried by the eruption of Mt. Futatsu-dake in Mt. Haruna. The location is just west of Komochi Junior High School.
 
 When I previously was raising racing pigeons, I conducted pigeon release training several times here at a distance of about 25 km. From the Kuroimine ruins, you can clearly see the cityscape of Japan's famous Ikaho Spar. The conical mountain at the top of this Facebook page is the easternmost Mt. Mizusawa.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
   

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お気に入り喫茶店 お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スマホ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 偶然性 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 剪定の必要性 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 収穫の喜び 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏の花 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節と黄道十二星座 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 孫娘たち 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日本文化 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 月までの距離 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の健康管理 梅雨の過ごし方 梅雨の頃の花 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 楽しい川柳 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温暖化 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 烏川 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 筋肉維持 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 藤の花 虐待防止 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢化社会を生きる 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー