カテゴリー「ホームコンサート」の2件の記事

2009年11月14日 (土)

中国女性の前で弾いたピアノソナタ「テンペスト」

Photo  最近はご無沙汰になってるピアノによるホームコンサートですが、最も印象に残る曲はベートーベンの「テンペスト」です。この曲を人前で演奏するには正直言って今の私の実力の1.5倍くらいの力量を必要とします。それにもかかわらず、中国女性・郭さんの前で弾きました。彼女は現在、仕事の関係で日本に住んでおられ、高崎第九合唱団に所属するほど音楽が好きな方です。

 ホームコンサートでは最初に中国国歌を弾きました。外国の方がお見えになってる場合、私はその方の国歌を弾くことにしてるのです。これは常に仕来たりです。国が異なっても言葉より親密さが心に伝わる気がしてなりません。音楽の力は偉大です。

 歓迎の意味を込め弾く国歌はどの国の方が見えても対応できるようにしてます。郭さんも思いがけず懐かしい祖国の国歌を日本の片田舎の家で聴けるとは予想外だったのでしょう。目に潤いが感じられました。これからも機会あるごとに外国のお客様に心からもてなし、親しくするようにしたいと思います。郭さんには数曲聴いていただき、最後は心を込めて「テンペスト」でした。

 「この曲を理解するにはシェークスピアのテンペストを読みなさい。」とベートーベンが弟子に伝えたと言われるだけあって、音楽であるにもかかわらず、音楽であることを忘れてしまうほど、あるいは音楽を超越してるように感じるのは私だけでないかもしれません。

 苦悩の環境に耐え、その中にあっても、かすかな光を探し求める人間の心奥を劇的に表してるようで、聴いても弾いても作品の持つ素晴らしさに心が奪われます。「人間の持つ弱さや強さを内包し」、この音楽の持つ訴えが余すところなく心に迫り、深い感動を覚えます。

 具体的には次の楽譜において、左手の運命を表すテーマに顕著に現れます。それを受け右手の応答はこの上ない深い悲しみと優しさを持って慰め、そして克服するかのごとです。曲は次第に精神の高揚へと導かれ、幾度となく繰り返される左手の厳格なテーマは対照的な右手の応答と相俟って、その掛け合いは比類なき美の階段を上り詰めていきます。

 ドイツで作曲されたピアノソナタが200年ほど経過しても、なぜ、後世の人類にこんな感動を与えるのでしょうか。それは優れた芸術ゆえ、時代と場所を超越する魔力を内包してるのでしょう。拙い私の演奏であっても、郭さんがテンペストを熱心に聴いて下さったのは作品の持つ永遠性に他なりません。

 私がレース鳩を飼育し始めたのは10才ですが、ピアノを始めたのはそれより遅く17才です。多くの場合、小さいころからピアノを始めますが、遅く始めたことにより、それがかえって生涯を通じてピアノに向かうことになったとも考えられます。

 これは近年他界された波戸場先生に勧められたお陰に他なりません。今となっては誠に感謝です。先生に出会わなければピアノを生涯弾かなかったでしょう。

 一人暮らしを余儀なくされてる現在の日々も、「テンペスト」は私の内面に具体的な応援歌としてに迫って来るかの如くです。これからもピアノという表現手段に磨きをかけ、国際交流に生かしたいと思う。

| | コメント (4)

2007年10月27日 (土)

ヨン様で盛り上がったアンコール

 台風の接近で風が吹くかと心配しましたが、静かなうちにピアノ・ホームコンサートが開催できました。プログラムは予定通り、モーツアルトのK331のテーマで始め、ヘンデルの「サラバンドと変奏」から順次、「乙女の祈り」まで演奏しました。

 お客様はマイさん、クラートのママさんとKさんの女性3人。弾き手である私は午前中の通し練習(ゲネプロ)よりも本番では自分の意思に近く表現できたように思います。プログラムの冊子がないので、曲の間に説明しました。

 説明しながらの演奏は最近の音楽会における一般的な傾向のようですが、やはり難しいです。演奏に集中という点では解説を入れないほうのが、望ましいでしょう。しかし、ホームコンサートなので説明があった方が聴き手と一体感が生まれ、いいことだと感じます。音楽の聴きどころについて上手く説明できたかどうかはどうでしょう。

 ところで、マイさんとはプログでコメントを通し交流がありましたが、実際、初めてお目にかかれて何か不思議に感じました。ノクターンがお好きのようで、本日は2曲弾きましたのでその点は良かったと思います。比較的お近くにお住まいでこれまた驚きです。英語がお得意のようで今度教えていただきたいと思いました。マイさんよろしくお願いします。

 1曲1曲、拙い演奏にもかかわらず、お3人から拍手を頂戴し勇気付けられ、次の曲へと入れました。それにしてもピアノ演奏は「まな板の鯉」ですからドキドキです。1時間以上1人での演奏は手を抜くこともできず、精神的には孤独なことです。平静を装っても誰にも助けてもらえません。精神的動揺が生じて何かおかしくなっても演奏という時間の流れの中で、自ら立ち直らなくてはなりません。目的をどこに持って行くかによって精神の安定度は変わるようです。内面的に今回タッチを通じて音色に重点をおいてみました。やはり、「ノクターン1番」は回数を弾きこなしてるので、音色についてのコントロールができたように思います。

 ところで、表面的に最も盛り上がりがあったのは何といってもアンコールでした。心では定番の「雪が降る」を用意してましたが、すごくいいのでもう1曲アンコールといわれ、これも私としては定番の「冬のソナタ」を弾きましたら、どうしたのでしょう。Kさんやママさんは感銘されてしまったようで「もう帰りたくない」とまで言っていただきました。女性はいまだ「ヨン様がお好き」であることが再確認できました。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査