カテゴリー「季節の移り変わり」の58件の記事

2021年1月18日 (月)

「昼の時間」は21分も長くなってる

Photo_20210118065201
【写真は友人・富所三郎さんが水沢山で撮ったもの】
 
 今日、1月18日の日の出時刻は6時53分【群馬県】です。日の出が最も遅かったのは1月8日の6時56分でしたから、日の出はすでに3分早くなってます。
 
 日の入り時刻については、今日は16時55分の予定なので、最も早かった12月8日の16時28分に比較してすでに28分も遅くなってます。因みに冬至の昼の長さは9時間41分でしたが、今日の昼の長さは10時間02分です。
 
 私たちは二度とない今日という一日を有効に使いたいものです。
 
 The sunrise time on January 18th today is 6:53 [at Gumma Prefecture]. The latest sunrise was at 6:56 on January 8th, so the sunrise is already 3 minutes earlier.
  
 As regards the sunset time, it will be 16:55 today, so it is already 28 minutes later than the earliest 16:28 on December 8. By the way, the length of the daytime at the winter solstice was 9 hours and 41 minutes, but today's daytime will be 10 hours and 02 minutes.
 
 We should make effective use of today for myself and society. Today will never come again.  
 

| | コメント (2)

2021年1月16日 (土)

令和3年になり、初めて梅が咲く

Img_1598
 
 寒中の今日、庭の梅が一輪咲き始めました。正に「寒梅」です。品種名は「鹿児島」です。他の蕾も大きくなってるので、もうすぐたくさん咲くでしょう。
 
 確か、日本酒にも「寒梅」という銘柄があるので、これからはこれで行きましょう。本当の春はもうすぐそこまで来ています。私にも春が来るか。
 
 Though today is in the coldest in a year, a plum flower in my garden has bloomed. It is exactly "Plum in the cold". This variety name is "Kagoshima". The other buds are also getting bigger, so many flowers will bloom soon.
  
 Certainly, there is a brand called "Kanbai" in Japanese liquor, so I will drink this kind of sake from now on. Open to the public means you are welcome unexpectedly. Even so, a person who can avoid "Three Cs" in the vicinity. The true spring will come soon I guess. Will spring of life come to me too?
 

| | コメント (2)

2020年12月22日 (火)

これから冬本番でも、すでに蕾が膨らむ花梅

Img_1493
 
 梅の蕾は日に日に大きくなり、すでに春の準備に入ってます。私は花梅が好きで庭には5種類の異なる品種を植えてます。そのうち白梅しだれが1本、紅白に咲き分ける「思いのまま」が1本、あとの3本は微妙に色彩が異なる紅梅です。紅梅の1本は枝垂れです。
 
 写真は真っ赤な「鹿児島」という品種で蕾も少し赤くなってます。現在、庭は荒涼としてますが、梅が咲き始めると春が感じられ、最も大きなことは庭に香りが漂い、鶯やメジロが番いで蜜を吸いに来ることです。開花は二月上旬でしょう。
 
   
 The buds of plum are getting bigger day by day and are already preparing for spring. I like flower plums so that there are 5 different varieties in the garden. One is a weeping white plum, one is "As you wish" that blooms in red and white, what we call, bicolored and the other three are red plums of slightly different colors. One of the red plums is weeping.
 
 The photo shows a crimson variety named "Kagoshima" with red buds. Currently, the garden is desolate, but when the plums  begin to bloom, spring is felt, and the biggest thing is that the scent drifts in the garden, therefore, Japanese bush warblers and white-eyes come to suck nectar. Flowering will be in early February.
 

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

季節は小春日和から、次第に冬型に変わる

Img_1473
 
 写真は私の家の窓から見た日の出です。午前6時45分頃です。今まで度々あった比較的温かな小春日和はそろそろ終わりです。ご存じの通り、江戸時代までは10月の異称は「小春」といわれました。
  
  その旧暦10月は太陽暦で12月14日で終わります。その後は旧暦の11月になるので、概して気圧配置は西高東低になり、冬の寒い季節風が吹き始め、いよいよ本格的な冬がやってきます。
 
 私の家では太陽暦の12月15日には屋敷祭りを行います。今年一年の健康に感謝し、併せて来年も健康で、特に認知症を未然に防ぐ手立てを継続できますように私は祈ります。その一つは、英単語やピアノなどいろいろ記憶できるようになりたいです。
 
 The photo shows the sunrise seen from the window of my house. It's about 6:45 am. The relatively warm, what we call, Indian summer that has often been seen so far is about to end. As you know, until the Edo period, the nickname for October was "Koharu" that literally means small spring.
  
 The lunar calendar October ends on December 14th in the solar calendar. After that, it is November of the lunar calendar, so generally the atmospheric pressure distribution will turn to high in the west and low in the east, and it changes to the cold monsoon of winter.
  
 At my house, the premises festival will be held on December 15th in the solar calendar. I thank the shrine for my health this year, and I pray that I will be healthy next year as well and continue to take steps to prevent dementia in advance. Two of them are that I consider to be able to memorize various things such as English vocabulary and piano music.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

暑い寒いも彼岸まで、しかし、彼岸はまだ遠い

Img_1148

 群馬県高崎市は午後7時半頃より、雷を伴ったもの凄い夕立があり、西から横殴りの大雨でした。私はあまり気にせず、夕食で一杯飲んでました。しかし、すごい雨の音で廊下に出ると西の窓から、雨が吹き込んでいて床がびしょ濡れです。

 三階に行ったら換気のため窓を開けておいたので、これまた凄く吹き込んでいて、結局、これをチャンスと捉え、モップで暫くぶりに床をすべてきれいにしました。

 現在は比較的涼しい風が吹いてます。自然の法則で次第に秋になるでしょうか。何か寂しさが漂います。しかし、心は春でいよう。


 In Takasaki City, around 7:30 pm, there was a terrific summer afternoon shower with thunder, and heavy rain was hitting from the west. I didn't care so much and had a drink at dinner. However, when I entered the hallway, the floor was soaked with rain from the western window.

 When I went to the 3rd floor, because I opened the window for ventilation, so rain was entered as well. After all, I seized this as an opportunity, I cleaned the floor with mop after a long interval.

 Currently, the wind is relatively cool. Will it gradually autumn by nature? There is something lonely. But my heart will be spring.

 

| | コメント (2)

2020年8月13日 (木)

変革の秋としたい

Img_1106

 子供の頃は毎日のように午後になると夕立ちと雷がして、危険だからとよく蚊帳の中に入った思い出があります。昨今では気候変動でしょうか、雷が少なくなりました。

 しかし、群馬県でも昨日の夕方は珍しく大きな雷がして一時的に停電になりました。停電になるとパソコンの時計が狂ってしまい、設定し直さなければなりませんでした。

 ところで、窓を開けるとコオロギなど虫の音が聞こえます。私の庭では朝から蝉が賑やかです。柿の実も膨らみ、季節は着々と秋に向かってます。何となく寂しい雰囲気も漂います。今度こそ、変革の秋としたい。

 During childhood, a shower and thunder occurred in the evening everyday, we used to enter the mosquito nets because of dangerous. It's climate change, so lightning has decreased these days.

 However, even in Gumma prefecture, a big lightning was uncommon yesterday, and a temporary power outage happened so that the clock of my computer went crazy and I reset it.

 By the way, when opening the window, I can hear the sounds of crickets. And cicadas are ringing lively in the garden. The persimmon fruit is also swelling and the season is steadily heading for autumn. I feel somehow lonely, but this time, I want to make the fall of change.

 

| | コメント (2)

2020年8月 6日 (木)

太陽の背景に「かに座」がある「立秋」

Img_1093

【品種名ぺラ・ローマのバラ】

 8月7日は二十四節気の一つ「立秋」です。日本ではやっと梅雨が明けたのに、もう秋の到来です。

 遠い昔から、人類はこの地球が宇宙の中心であり、他の天体が地球の回りを巡ってると考えてらしく、空を一見すると、確かにそう見えます。しかし、惑星をよく観察すると他の星座と少しずつ異なる動きをしてることで、それは間違いと気付き、16世紀にコペルニクスが地動説を唱えた後、太陽系の仕組みが徐々に解明されてきたようです。

 しかし、実際には紀元前から地動説を考えてた人はいたことになります。その証拠に黄道十二星座があります。これは遠い紀元前のバビロニア時代にすでに指定された星座です。

 公転してる地球から見ると季節によって十二星座が太陽が通過する道にほぼ等間隔に並んでいます。これは二十一世紀の現代でも不変です。

 ところで、「立秋」とは公転中の私たちの地球から太陽を見て、その背景にある星座が「かに座」である日です。「かに座」は現代の日本ではあまりはっきり見えません。江戸時代以前であればよく見えたことでしょう。理由はすべてが三等星以下だからです。

Photo_20200806095601

【人という字に似てる、かに座】

 現在、太陽の背景は「かに座」で、二週間前の「大暑」に太陽は「ふたご座」の前にありましたが、地球が公転軌道上を15°反時計回りに公転したので、太陽の背景は「ふたご座「の東隣にある「かに座」になってます。

 一方、2週間後の「処暑」に太陽の背景は「「しし座」付近になります。このように地球が反時計回りに公転してることで、太陽は季節と共に東へ東へと移動して見えます。

 今後、夜間に星座たちを見るとき、私たちは宇宙船「地球号」に乗って公転してる感覚を大切にし、それによって宇宙の理解が深まるでしよう。

 

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

今日は二十四節気の一つ「小暑」

Photo_20200707073501

【冬によく見えるふたご座】

 今日は二十四節気の「小暑」です。私たちの地球は一周9億km以上ある公転軌道上を秒速約29㎞で移動してます。その地球から見ると今日の太陽の背景は「ふたご座」です。実際は太陽光が強くて見えません。「ふたご座」は日本では「冬のダイヤモンド」の中で最も東にある星座です。

  南半球からも最も東に見えますが、ダイアモンドの上下が逆になります。これから暑い日が続きますが、1ヶ月後はもう立秋です。涼しい場所で運動し、熱中症対策として、こまめな水分補給を行ない夏を乗り切りましょう。


 Today is "Shohsho" in 24 solar calendar. Our earth is moving at a speed of about 29 km per second on the orbit of revolution that is more than 900 million km distance. Seen from the earth, the background of today's sun is "Gemini." Actually, the sunlight is too strong to see. The Gemini is the most eastern constellation of "Winter diamond" in Japan.

 It is easternmost also in the Southern Hemisphere, but it is upside down. Hot days will continue from now on, but one month later it will be autumn. Exercise in a cool place as a measure against heat stroke, do frequent rehydration and overcome the summer.

 

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

諦めず手当てしたら回復したハイビスカス

Img_0741

【拡大してご覧ください。】

 今年になって、今日初めてハイビスカスが咲きました。黄色でも拡大して見ると中心部は赤く、雌しべの先も赤くなってます。雄しべは黄色です。このハイビスカスは一度、私の無知から寒くなった11月頃、外に出しておいたら、すべての葉が萎れて丸坊主になってしまいました。この植物は寒さを嫌います。

 しかし、冬の間、家の中の日当りの良い所で水をやりながら育てたら芽が出て来ました。このときは嬉しかったです。今ではかなり成長し、今夏はたくさん咲きそうです。私たちは失敗から学ぶことが多いです。しかし、もう、失敗しないようにします。

[Please enlarge the photo]

 Hibiscus has bloomed today for the first time this year. Even it is yellow, If we look at it, we can see that the center is red, and the tips of the pistil is red and the stamens are yellow. Because of my ignorance, once I left this hibiscus outdoor around November, all the leaves had wilted and It became close-cropped due to cold. This plant hates cold.

 However, during the winter, I raised it in a sunny place in my house with water, the buds came out. I was happy at that time. Now it has grown quite and is likely to bloom a lot this summer. We humans often learn from mistakes. But I will not fail in life as well.

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

庭の花は紫系統に移る

Img_0517

 数年前、埼玉県花園町で植木鉢で購入した藤が端から端まで5メートルほどに長くなりました。花の位置を人の目の高さにしてあるので、前の道を通る人に見やすくしてあります。

 先日、前の道をウォーキングで通過したご夫妻曰く「その辺の公園よりお宅の庭の方がきれいですね」の言葉に嬉しくなりました。これからも周囲の人のために庭全体をキャンパスのように色彩豊かにしたいです。


 A several years ago, a wisteria I bought in flowerpots at Hanazono Town, Saitama Prefecture, became 5 meters long from end to end. The position of the flower is at the height of human's eyes, so it is easy to see for those who pass the way in front.

 The other day, when a couple walked along the way in front of my garden, I was pleased with their words, "Your garden is more beautiful than a park around it." I will continue to make the entire garden more colorful like a campus for the people around me.

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 星座 星食 春の過ごし方 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査