カテゴリー「季節の移り変わり」の80件の記事

2022年12月21日 (水)

あちこちで 赤い実、目を惹く 今の時季 

Img_4027
    
 明日は冬至です。平均すると昼の長さが9時間41分【群馬県】と一年で昼が最も短い日です。しかし、日没時刻については12月上旬よりすでに5分も伸びてますし、日の出時刻については1月上旬に向かってこれからもっと遅くなります。
 
 今の時季、庭の落葉樹はすべて丸坊主で、不思議なことに赤い実が生る植物はすべて常緑樹です。しかし、常緑樹と言っても、新たな葉が生じる頃には落葉しますが、その時期は5月です。このため、常緑樹は年間を通じて葉がなくなることはありません。
 
 ご覧の通り、荒涼とした寒い今の季節にあって、あちこちで赤い実が目立ちます。写真の植物の名は何でしょうか。
 
 上がピラカンサ、左下がクロガネモチ、右下が南天です。一般の植物は影を潜める時季において、これらの植物の実はいずれも深紅になって、この年末が華々しい最盛期になってます。そして、ついには野鳥にとってご馳走になります。
 
 私の庭にはありませんが、この他、赤い実のなる植物で有名なものは千両、万両と言ったものもあるので、今度育てたいと思います。
 
Dear my overseas friends who like red seeds
 Tomorrow is the winter solstice in the northern hemisphere. On average, the length of the daytime hour is 9 hours and 41 minutes [Gumma Prefecture, Japan], which is the shortest daytime in a year. However, the time of sunset has already become later by 5 minutes since early December, on the contrary, the time of sunrise will be later toward early January.
 
 At this season, all the deciduous trees in the garden shed their leaves, and strangely all the plants with red berries are evergreens. However, even though it is the evergreen tree, it sheds its leaves when new leaves appear, but that time is May. For this reason, evergreen trees do not lose their leaves throughout the year.
 
 As you can see, the red berries stand out here and there in this bleak and cold season. What is the name of the plants in the photo above?/span>
 
 The top is Pyracantha, the bottom left is Kuroganemochi, and the bottom right is Nandin. In the season when ordinary plants disappear, The fruits of these plants are all deep red, and currently this year's end is the peak season. Unfortunately, finally it becomes a feast for wild birds.
 
 There are other famous red-fruited plants such as Senryo and Manryo which I don't have them in my garden, so I would like to raise them next time.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
   

| | コメント (0)

2022年12月17日 (土)

暫くぶりに 鏑川まで 往復10K歩く

 余りにも寒いので、どうしても家の中に閉じこもりがちです。しかし、こんな時は一つ勇気をもって外気に触れ、折角の長い脚を有効に使いウォーキングしてきます。
 
 ストライドについては、音楽のテンポと同じで一度少し広げて歩くと、その後は無理なくそのテンポに乗れるものです。脈については、遅過ぎず速過ぎずです。私の場合、ウォーキング中は110程が血流が良いです。その他、注意することは姿勢よく遠方を見ること、そして鼻呼吸です。
 
 行先は鏑川方面です。もしかして、ロシアからコハクチョウが飛来してる可能性があります。では行って参ります。
 
Dear my overseas friends who are crazy about migratory birds 
 It's so cold today that I tend to stay indoors. However, at time like this, I muster up the courage to feel the fresh air and make effective use of my long legs to walk.
   
 As for the stride, it's the same as the tempo of music, once we spread it out a bit and walk, we can easily follow that tempo. As for the pulse, it is neither too slow nor too fast. In my case, about 110 is healthy for blood circulation during walking. Other things to be taking care are good posture, looking far away, and nasal breathing as well.
  
 "The destination is Kabra-River." Possibly, tundra swans were flying from Russia. I will go from now on, of course thinking of you.
   
P1000416
    
 鏑川にコハクチョウはまだ来てませんでした。例年、12月17日にはすでに来てます。今年は北海道や東北地方が雪のため、飛んで来られないのでしょう。いずれにしても雪の合間にもうすぐ飛んで来ると想われます。
 
 私自身も暫くぶりに往復10Kほど歩いたので、今宵の一杯は効きそうです。
  
 Tundra swans had not come to Kabra-river yet. Every year, December 17th had already come. This year, because Hokkaido and the Tohoku region are snowing, therefore they couldn't come I guess. In any case, they will come flying soon after snowing.
 
 I myself walked about 10K round trip after a long interval, so tonight's drink will effective to intoxicate me.
   
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..

   

| | コメント (2)

2022年11月13日 (日)

今日から 家族の週間 満開の柊

Img_3900
 
 庭の植物の殆どは紅葉が終わりを告げ、今では大方の葉が落葉してるので、私は毎朝、落ち葉の清掃をしています。華やかだった庭は次第に荒涼とした光景になりつつあります。
 
 その中で、ひときわ輝いてる樹木があります。写真の花は、珍しく小春日和に満開になる柊です。高さは3mほどあり、一年の内で今が最も輝いてます。一般に、柊の木は棘があるようですが、私の家の柊には棘がなく、扱いに困りません。
 
 部屋からよく見えるように植えてあり、花の少ない時季に、私に安らぎを与えています。
 
 ところで、今日から「家族の週間」が始まります。家族ほど安らぎの場はありません。とりわけ植物が好きな私には樹木が家族です。現在、白い花で満開の柊が、樹木を代表して「家族の週間」を祝ってくれてます。
 
Dear my friends abroad
 Most of the plants in my garden have finished turning red, and now most of the leaves have fallen in Japan, so I clean up the fallen leaves every morning after radio calisthenics. The gorgeous view of the garden is gradually becoming desolate in early winter.
 
 "Among them, there is a tree that shines conspicuously." The flower in the photo is a holly tree which is unusually in full bloom, what we called, during Indian summer. The height is about 3m, and now is the most shining in the year. In general, holly tree seems to have thorns, but my holly tree has no thorns so that it is easy to handle such as pruning.
 
 It is planted so as to be seen clearly from the Japanese room, and it gives me peace during the season when there are few flowers.
 
 Not change the subject, but "Family Week" starts today in Japan. There is no comfortable place than family. I especially like plants, so trees are my family due to living alone. Currently, a holly tree with white flowers in full bloom is celebrating "Family Week" for me on behalf of the trees.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

| | コメント (2)

2022年10月30日 (日)

植物と 天体の位置で 知る季節

Img_3860
 
 一般的に菊の花は11月ですが、写真は今まさに開花した菊の花で、何と新鮮な色彩なのでしょう。私たちは植物によって季節の進みが分かり、早いもので今年も残すところ後62日です。現在、日に日に気温が下がってます。
 
 この他、季節の進みが分かるものとして、地球の自転による星座の位置があります。今の時季、早朝にはすでに「冬のダイアモンド」が頭上にあまりにも大きく広がり驚きます。その中に「オリオン座」が特異な形を成し、また、大変に珍しく現在、「火星」がほぼ頭上にあって、誠に強い橙色の光を反射してます。
 
 ところで、「オリオン座」のウエストに位置する3つ星の最も右の星は「ミンタカ」と命名され、その真下が赤道の位置であることを知っておくと、他の星々が北半球にあるか、南半球にあるかが分かります。
 
 中でも、「冬のダイアモンド」の一角を成し、夜間の天体の中で最も明るい恒星「シリウス」が「午前0時に真南に来る瞬間」が令和5年1月1日です。
 
Dear my friend as an earthling
 Chrysanthemum generally blooms in November in Japan, but the photo shows chrysanthemums in bloom right now, and as you can see, the colors are so fresh. We can know the progress of the season by the plants. And it's swift passage of time, there are only 62 days left in this year. The temperature is dropping day by day in Japan.
 
 In addition, the position of the constellations due to the rotation of the earth is another way to know the progress of the seasons. In this season, early in the morning, the "Winter Diamond" spreads over our head and you will be surprised at its hugeness. Among them, "Orion" forms a peculiar shape, and "Mars" is almost overhead and reflects a very strong orange light in this time is very rare.
 
 By the way, the rightmost star of the three stars located in the waist of "Orion" is named "Mintaka". And just below the "Mintaka" is the equator, so we can know whether the other stars are situated in the northern hemisphere or southern hemisphere.
 
 Above all, the moment when "Sirius" which is the brightest star among the celestial bodies at night, comes due south at midnight is January 1, 2023 in the northern hemisphere.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

| | コメント (2)

2022年9月22日 (木)

懸命に 虫も昆虫も 人間も

Img_3740
【拡大してください。クモがいるでしょう。】
 
 台風一過で、本当に涼しくなり、恐ろしい台風も見方を変えれば「人間を暑さから解放する」及び「人間を水不足から解決する」というメリットをプレゼントし、物事には二面性があることが分かります。
 
 昨日のブログの写真にも、たまたま蛾が映りましたが、今朝、庭のマユミの実を写真に撮ったところ、小さな蜘蛛が映ってます。
 
 私たちは涼しくなって過ごしやすくとも、衣服を身に付けてない蜘蛛にとっては餌不足や寒さに震え、きっと終末の迫りを感じ、最後を懸命に生きてるのでしょう。
 
 蜘蛛と人間はその生涯の時間において大差あっても、酸素と食べ物で生きてる点は全く同じです。また、蜘蛛は野鳥など天敵から常に狙われてます。
 
 実は人間も同様であり、普遍的な喜びや平和が続くように願っても、世界情勢は危険極まりない様相を呈してます。二極化した世界の指導者の頭脳が問われてます。
 
Dear my friends abroad
 After the typhoon No.14 passed, it became really cool, but from a different viewpoint, the terrible typhoon presented the merit of "relieving people from the heat" and "solving people from the water shortage". Therefore, we understand "there are bilateralness".
 
 I happened to see a moth in yesterday's weblog photo, but this morning, when I took a photo of the Mayumi tree in my garden, I found a small spider.
 
 Even though it's cool and comfortable for us humans, the spider which don't wear clothes must be shivering from the cold and the lack of food. I'm sure they feel the end is approaching and are living their lives to the fullest.
 
 "Even though spiders and humans have a big difference in their lifespans, the both are exactly the same in that they live on oxygen and food." Also, spiders are always targeted by natural enemies such as wild birds.
 
 Likewise, humans wish for their universal joy and eternal peace, but the contemporary world presents an extremely dangerous situation. The brains of the polarized world leaders are being questioned.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

| | コメント (2)

2022年9月 5日 (月)

常緑樹 実の色変化の クロガネモチ

Img_3707
【拡大してご覧ください。】
 
 芸術の分野にあった人はもちろん、どの世界に生きた人でも人は年を重ねると、概して、植物の姿に心を癒されるようです。それは植物が多種の色彩、多種の形状を表現し、芸術に相通じるからでしょう。
 
 最高潮である花の咲く時季のみならず、植物の成長には年間を通じてサイクルがあり、観察していると日に日に変化が感じられます。この変化も芸術に相通じます。
 
 私の住む倉賀野町に発音が似てる「クロガネモチ」は春に小さな白い花が咲きましたが、現在では、ご覧の通り、緑色の小さい実が鈴なりです。このまま秋を過ごし、晩秋から初冬にかけて真っ赤になります。
 
 庭の中でも、赤い実は花のない冬の季節にひときわ目立ち、人間のみならず、特に野鳥を惹きつけ、ついには食べられてしまいます。すでに私の身長より高くなりましたが、これからもよく見守り、土が乾いたら水遣りして、立派な樹木にしたいと思います。 
 
Dear my friends who are crazy about plants and arts
 Not only people who have been in the field of arts, but also people who have lived in any world, as they grow older, the appearance of plants seems to heal their hearts. This is probably because plants express a wide variety of colors and shapes, therefore it is related to arts.
 
 In addition to the flowering season which is the climax, the growth of plants has a cycle throughout the year, and when we observe it, we feel the changes day by day. This change is also related to arts.
 
 In the photo, "Round leaf holly" means "Kuroganemochi" in our tongue, which has the similar pronunciation to Kuragano-machi where I live, bloomed with small white flowers in the spring, but now, as you can see, it is covered with the small green fruits. It stays like this until autumn and turns bright red from late autumn to early winter.
 
 Even in the garden, the small red fruits stand out conspicuously in the winter season during there are no flowers, so that it is attracting not only humans but also wild birds in particular, and eventually they are eaten. It's already taller than me, but I will continue to watch over it closely and water it when the soil dries to make it a splendid tree.
    
Img_2646_20220905060301

【写真は今年の1月に撮りました。】

 

| | コメント (2)

2022年8月29日 (月)

黄道12星座で考える地球の公転位置

Img_2423
【このような素晴らしい歩道を見ると、足が自然と前に進む感じです。】
   
 8月もあと3日となりました。公転してる地球は、一周9億4千万㎞ある公転軌道上のどの辺を現在進んでいるでしょうか。
   
 これについては黄道12星座の位置で考えます。今まで、進行方向に向かって右側に「水瓶座」がありましたが、私たちを載せた地球はその宇宙空間を次第に離れ、今度は春分点がある「魚座」の方向に向かってます。
 
 ここで間違いやすいのは秋分点ではありません。公転してる地球から見る太陽の位置が秋分点に近づきつつあるということです。
 
 ところで、猛暑のためサボり気味だったウォーキングを私は再開するつもりです。写真は2年前に完成した新鏑橋で、場所は高崎市木部町と藤岡市を繋いでます。
 
 本当に幅広い歩道で、まるでウォーキング用の橋のようです。鼻から酸素を吸う呼吸器の健康、高齢期を生き抜くためには足腰の筋肉増強、そして歩行時に1分間110程度の血液循環の維持を目指します。
  
Dear my friends who search real health
 When we see such a wonderful sidewalk, our feet naturally move forward.
  
 There are 3 days left in August. Which place of the orbit of 940 million km, is the Earth currently revolving?
 
 We should think about this in terms of the positions of the 12 constellations of the zodiac. So far, "Aquarius" was on the right side of the revolution, but the Earth on which we are placed, is gradually leaving this space, and this time it is heading toward "Pisces", where the vernal equinox point is located.
 
 "It's not the autumnal equinox point. It tends to mistake for us here." It means that the position of the sun seen from the revolving earth is approaching the autumnal equinox point.
 
 Not change the subject, but I'm going to resume walking, which I had been skipping due to the extreme heat wave this summer." The photo shows New-Kabra Bridge which was completed two years ago. It connects Kibe-town, Takasaki City and Fujioka City.
 
 As you see, this bridge has a really wide sidewalk, almost like a walking bridge for humans. I will inhale newly born oxygen through the nose aiming to improve respiratory health, strengthen the muscles of the legs and lower back to survive the old age, and maintain a blood circulation of about 110 times per minute while walking.
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
      

| | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

温暖化 コロナ蔓延 相関関係あるか 

Img_3547
 
 地上は猛暑の連続でも8月中旬ともなれば、夏至からもうすぐ2ヶ月が経過し、星座たちはかなり変化を見せてます。
 
 今の時季、早朝4時前は真っ暗であることから、東から南東の空にすでに「冬のダイアモンド」が見えてます。子供の頃からお馴染みの「オリオン座」も輝いてます。台風8号の後は観察のチャンスでしょう。
 
 地球は大気と海水に因り冷め難い性質があり、地上は暑いですが、季節は誠に早く変化してます。もうそろそろ朝晩は涼しくなるでしょう。暑いのはもう少しです。
 
 それにしても、今夏は特に暑く感じました。やはり、地球の温暖化の結果なのでしょう。ところで、この温暖化現象と収束が見えず長く続いてるコロナの世界的蔓延は無関係と言えるでしょうか。
 
Dear my friends as earthlings
 Even if the heat wave continues in the northern hemisphere, it will be mid-August which is two months from the summer solstice, therefore the constellations are changing considerably.
 
 Since it is currently pitch-black before 4:00 in the early morning, the "Winter Diamond" is already visible in the east to southeast sky in Japan. The familiar "Orion" since childhood is also shining. After the typhoon No.8, it will be a chance for observation.
 
 Due to the earth's atmosphere and seawater, it is hard to cool down, so the surface of earth is hot, but the seasons change very quickly beyond our expectation. The mornings and evenings will soon be cooler. The heat is just around the corner.
 
 Not change the subject, but "Even so, we felt particularly hot during this summer." It's probably the result of global warming. Can we say that this global warming phenomenon and the long-lasting corona epidemic are irrelevant?
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2022年8月 7日 (日)

立秋を 知ってるかのように鳴く ツクツクボウシ

Tukutuku
 
 立秋の今日、夏の終わりを告げるように庭の樹で蝉の「ツクツクボウシ」が鳴きました。私には次のように聞こえます。
 
 オーシンツクツク、オーシンツクツク、(次第に速くなり)オーシンツクツク、オーシンツクツク・・・・(そして、ついに夏は、もういいよーす)モイヨース、モイヨース。
 
 この鳴き声がすると、季節は夏から秋へと移り替わります。
 
Dear my friends who like cicada
 On Rissyu that means the first day of autumn today in Japan, one of the cicadas named academically Meimuna opaliferathe chirps. We Japanese says this cicada "Tsuku tsuku boushi'' which chirped in the tree in my garden. She is signaling the end of summer. Her sounds like to me as fellows.
 
 (Beginning slowly) Ohshin-tsuktsuku, ohshin-tsuktsuku, (getting faster) ohshin-tsuktsuku, ohshin-tsuktsuku (and finally) Moiyosu, moiyosu. (sounds like that summer is unnecessary any longer)
 
 When this cicada's chirping is heard, the season changes from summer to autumn.
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2022年6月29日 (水)

バット咲く ユリの見事さ 学びたい

Img_3496
【クリック拡大してご覧ください。】
  
 今年は何色のユリが咲くか、咲くまで分からなかったです。というのは、昨年、私がユリの植木鉢に色を記録してなかったためです。ご存じの通り、ユリは秋になると全く影形が無くなり、翌春に芽が出てきます。
  
 今日から2種類のユリが咲き始め、もう一種は八重のユリで明日にでもご覧に入れます。写真のユリは大輪です。蕾が5~6個ついてます。このユリは優雅という言葉が似合います。
  
 これからも背の高い色彩のよいユリを育てるつもりです。
 
Dear my friend who is like a lily
  I didn't know what color of this lily would bloom this year until it bloomed. That's because I didn't record the color on the lily's pot last year. As you know, lilies disappear completely in the fall and sprout abruptly in the next spring.
 
  Two kinds of lilies started to bloom from today, and the other one is a double-petals lily, which you can see tomorrow. The lily in the photo is a large flower. It has 5 to 6 buds. This lily suits the word of grace.
  
  I will continue to grow tall and colorful lilies from now on.
  
※【For the Japanese people who is studying English pronunciation】
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象病 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡りの習性 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査