カテゴリー「倉賀野のすばらしさ」の51件の記事

2023年1月 8日 (日)

拙いブログが長寿会報に載りました。  

Img_4076
【拡大してご覧ください。】 

 この度、令和5年初の倉賀野町「上四長寿会お知らせ版」に拙い私のブログ記事が掲載され光栄に思います。

 これは以前に上毛新聞読者投稿欄「ひろば」に掲載された文章で、近所の方々と5人で赤城山の最も東の峰である「長七郎山」に正月登山したときの印象を書いたものです。
 
Dear my overseas friend who like mountaineering
 This time, I am honored that my clumsy weblog article was published in Kuragano-Town's "Kami 4 Chojukai that means Longevity meeting Announcement Edition" at the beginning of 2023.
 
 This was previously published in the Jomo Newspaper readers' column, "Hiroba". The content is about my impressions of climbing Mt. Choshichiro which is the easternmost peak of Mt. Akagi together with 5 people of neighbors.
 
※interpretation of the article 
 Every year on the morning of New Year's Day, I climb mountains in the Gumma prefecture with my neighbors. At the top of the mountain, we have a party to drink sake and eat ozoni that means Japanese traditional cuisine mixed with rice cake and vegetables.
 
  We went to Mt. Akagi this year. We sit down in the sunny place on the southern side where we can see Mt. Fuji, and look down on the great plain and toast to the New Year. When we look in the sunny southeast direction, we can clearly see the skyscrapers of the Shinjuku subcenter in Tokyo. What's more, in the background, the reddish sea which is reflected in the sunlight, Tokyo Bay can be seen long and wide.
  
 At the top of the mountain, the five of us were surprised and delighted by this discovery, and forgot about the passage of time with hot sake and ozoni. I am grateful for the blessings of this great nature, and this year I will tackle everything with a fresh feeling.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
   

| | コメント (2)

2022年12月30日 (金)

驚き! 倉賀野から丁須岩が見える

Img_4000
   
 この写真は倉賀野から撮った上毛三山の一つ「妙義山」です。「上毛かるた」にも、紅葉に映える妙義山と詠われてます。
 
 左の峰々を表妙義と言い、大砲岩などが含まれます。右の峰々を裏妙義と言い、丁須岩などが含まれます。一般的には表妙義に行き、裏妙義は本格的な登山者向きと言えますが、どちらも岩登りであるため非常に険しいことに変わりありません。度々、転落事故が起こります。
 
 私は裏妙義の丁須岩に登ったことはありませんが、友人や姪がが登り、凄い勇気がいると言ってました。その分、登頂の感銘は大きいのでしょう。
 
 実は、この写真を拡大したところ、丁須岩が見えるので誠に驚きました。というのは、倉賀野から見えるとは思っていなかったからです。写真の右端を大きく拡大すると「丁」の形をした岩が確かにあります。
 
 直線距離で約45Kと遠方であり、また、裸眼では小さ過ぎて気づかないことから、倉賀野からは見えないものと思ってました。しかし、実際には見えるのですから、何事も先入観に囚われず、現実を直視することが大切ですね。
   
18473_raw
【丁須岩】
   
Dear my overseas friends who are crazy about mountaineering
 This photo is Mt. Myogi which is one of the three well-known mountains in Gumma prefecture, taken by me from Kuragano-
town where I live. "Jomo Karuta" which is Japanese syllabary cards also mentions that Mt. Myogi shines in autumn leaves.
  
 The peaks on the left are called Omote Myogi including the famous Cannon Rock. The peaks on the right are called Ura Myogi including the well-known Chohsu Rock. Generally, people go to Omote Myogi and Ura Myogi is for expert climbers, but both are rock climbing, so it's still very steep. Fall accidents often occur.
 
 I have never climbed Chohsu Rock in Ura Myogi, but my friend and niece have climbed it and said it takes a lot of courage. For that reason, the impression of climbing must be great.
 
 Actually, when I enlarged this photo, I was really surprised because Chohsu Rock is visible. Because I didn't expect to see it from Kuragano-town. If you zoom in on the photo, you can definitely see the rock in the shape of "choh" in Chinese character.
 
 I thought it would not be visible from Kuragano-town because it was about 45km far away in a straight line, and it was too small to notice with the naked eye. However, since I can actually see it, it is important for us to accept reality as it is carefully without being bound by preconceptions.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
    

| | コメント (2)

2022年11月14日 (月)

倉賀野邦楽舞踊公演で 内容の幅広さに驚く

Img_3913
 
 昨日、私は初めて「倉賀野邦楽舞踊協会公演」に行き、平素、私が目にする文化とは異なる日本の芸能を3時間休憩なしで、22のプログラムすべてを観賞しました。
 
 世の中には、歌や踊り、詩吟、邦楽楽器など自らの得意の分野に日々「心の安らぎ」や「心の豊かさ」を求め、精進してる方が多いことに驚きます。人間にとって、芸能・芸術は心の充足に無くてはならないものと改めて感じました。
 
 出演者は比較的お年を召した方々ですが、昔から顔なじみの面々も多く出演され、改めて、人間には得意の芸を発表して皆さんに見て戴くことに無上の喜びを感じていることが分かります。
 
 写真の女性は、元・高崎市議のNさんです。亡くなられたご主人と私は親しかったことから、今までに幾度もお目にかかっていて親しい間柄です。ところが、趣味で日本舞踊をされてるとは今回初めて知り「能ある鷹は爪を隠す。」という心境です。
 
 彼女の情熱的な舞踊を拝見し、心豊かな人は日々から生き方が違うと感心しました。また、司会をしつつ、自ら舞踊を披露した女性は私の小学生時代のクラスメートTさんであることにも誠に驚きました。
 
 プログラムは、大正琴、相撲甚句、詩吟、民謡、舞踊、尺八、三味線、筝曲、剣舞と幅広く、既に今年で18回目の発表会で、晩秋の一日に倉賀野町民の新たな一面を感じつつ、帰路につきました。
 
Dear my overseas friends who are interested in Japanese culture
 Yesterday, I went to "Kuragano Traditional Japanese Music and Dance Association Performance" for the first time, and appreciated all 22 programs of Japanese performing arts that are different from the culture as usual for me, for three hours without breaks.
 
 I am surprised that there are many people in the world who devote themselves to their fields of specialty, such as singing, dancing, shigin, and Japanese instruments, seeking "peace of mind" and "fulfillment of mind" every day. I freshly felt that performing arts are essential and for human's greatest satisfaction.
 
 The performers are relatively old, but many of them are familiar faces since long time ago. I notice that performance of arts are indispensable for humans.
 
 The woman in the photo is Ms. Naomi, a former Takasaki City Councilor. Since her late husband was one of my close friends, we have met many times and have a close relationship. However, I learned for the first time that she is doing Japanese dance as a hobby, and I feel like "a talented hawk hides its claws.''
 
 Through her passionate dance, I was impressed that spirituality of her daily life have different from others. Also, I was really surprised that the woman who acted as MC and performed her own dance was my classmate Ms. Tomoko of my elementary school days.
 
 The program covers a wide range of activities, including taishokoto, sumo jinku, poetry, folk songs, dance, shakuhachi, shamisen, koto traditional music, and sword dance. Already at the 18th presentation this year, I left for home while feeling a new side of Kuragano townspeople on a late autumn day.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

| | コメント (0)

2022年10月 1日 (土)

高齢化 ますます大切 支え合い

Img_3777
 
 年齢を重ねたら1年がとても早く感じ、今日から10月です。今月も小学生の安全を期して通学路巡視のほか、コロナ禍で中止されてたた集団下校が再開されるので、遠足のように多くの小学生と一緒に歩きます。
 
 一方、倉賀野地区支え合いサポーター協議会に出席します。これは「日常生活で支援を要する高齢者が住み慣れた倉賀野で生きがいを持って、在宅生活が継続できるよう支援する組織」です。思いのほか多数いる一人暮らし高齢者のゴミ出し、その他を手助けします。
 
 ところで、1ヶ月ほど前に検診した「肺がん・結核」の結果が届き、嬉しいことに「異常なし」でした。
 
 現在でも、依然として、自らたばこを吸っていなくても、知らずしてニコチン、タール、一酸化炭素など有害物質を吸い込んでしまう危険性があると言われます。現在の医学では、主流煙より副流煙の方が数倍危険と考えられてます。
 
Dear my friends who hope health
 As I get older, it feels like a year goes by very quickly, and today is October. In addition to patrols of school routes to ensure the safety of elementary school students, I will be walking with many elementary school students like an excursion because the group return from school that was canceled due to the corona disaster will be resumed.
 
 On the other hand, I will attend the Kuragano-District Mutual Supporters Council. This is an “organization that supports elderly people who need support in their daily lives so as to be able to continue to live at home with a definite purpose in Kuragano, where they are accustomed to live.” We help elderly people living alone who are unexpectedly numerous, for instance, to take out the trash and other things.
 
 Not change the subject, but, I received the result of "lung cancer and tuberculosis" that I had a checkup a month ago, and I was happy to say that there was "no abnormality".
 
 Even now, even if we don't smoke, we are still at risk of unknowingly inhaling harmful substances such as nicotine, tar, and carbon monoxide. In modern medicine, sidestream smoke is considered several times more dangerous than mainstream smoke.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

| | コメント (2)

2022年9月 6日 (火)

長寿会報に掲載された私のブログ記事

Img_3712
 
 この度、発行された倉賀野町上四地区の長寿会報に、拙い私のブログ記事が掲載されました。内容は以前に書きました日本酒「倉賀野」についての私の感想です。
 
 私は生まれて以来、倉賀野以外に住んだことは20代の2年間をインドで過ごしたのみで、後はずっと倉賀野に住み、人一倍、倉賀野に愛着があります。このため、お酒を愛する私は「倉賀野」という銘柄の日本酒を知った時は心から嬉しく感じました。
 
 ところで、運動もお酒も度が過ぎると健康に害するので、適度にお酒も飲み、心のリラックスと血流促進のために、これからも名酒「倉賀野」を飲みたいと思います。
 
Dear my friends who like alcohol the same as me
 This time, my clumsy blog's article was published in the Kuragano Town Kam-four District "Longevity Newsletter". The content is my impression about the sake named "Kuragano" that I wrote in Facebook before.
 
 Since I was born, I have lived in Kuragano-town, except for I have lived in India for two years as a teacher of Japanese school in Calcutta-city in my twenties, and from now on I who is a boozer will stay Kuragano-town for the rest of my life. For this reason, I was really happy when I knew about the sake brand Kuragano.
 
 By the way, too much physical exercise and alcohol are bad for our health, so I'd like to drink alcohol in moderation and continue to drink the famous sake "Kuragano" to relax my mind and promote blood flow. You will be able to taste the delicious sake "Kuragano" when you jump in at my garden.
  

| | コメント (4)

2022年6月10日 (金)

健康と 歴史探訪兼ね 倉賀野を歩く 

Img_3429
  
 今日は午前9時30分から、古の倉賀野を散策しました。もちろんウォーキングの速度です。最初に九品寺に立ち寄り、先祖に挨拶しました。
 
 その後、東へと歩き、昔の倉賀野が江戸と日光への追分、つまり分岐点であること示す閻魔堂の常夜灯を見学し、改めて倉賀野の地理的意味を確認しました。
  
 常夜灯の下には、大相撲が地方巡業で通過したことが記され、雷電など当時の力士名が刻まれてます。そして、目的地である東端の「緑地公園」を一周しました。
  
 帰路は「倉賀野おもてなし館」を見ましたが、私が20才まで住んでいた家屋に大きさと形がそっくりで、壁の厚さが20cmほどの蔵造に懐かしさを感じました。
  
 11時には帰宅し、早速、蛋白質補充のため濃厚豆乳を一杯飲みました。帰宅直後の脈拍は105です。
   
Img_3436-2
   
Dear my foreign friends who are interested in history
 Today, I took a walk in the old Kuragano from 9:30 am. Of course it is the same speed as walking as usual. First, I stopped by Kuhonji temple so as to greet my ancestors and wife.
 
 After that, I walked to the eastern direction and visited the nightlight at Emmado, which indicates that old Kuragano was the fork to Edo that means Tokyo of today and Nikko, and I reconfirmed the geographical meaning of Kuragano-town.
 
 Under the nightlight, it is engraved that the sumo wrestler's names passed on a local tour, such as a famous Raiden. Then, I went around the "Greenery Park" at the eastern end of the destination.
 
 On my way back, I saw the "Kuragano Omotenashikan" that means a hospitality mansion for break, but the size and shape of the house I lived in until I was 20 years old is entirely similar, and I felt nostalgic for the thick wall of about 20 cm.
 
 I returned home at 11 o'clock and immediately drank a glass of concentrated soy milk to supplement protein. Immediately after returning home, the pulse is 105.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2022年3月23日 (水)

公園で 行われてる ラジオ体操

Img_1088 Img_1089
 
 毎朝、家を6時15分に出て歩いて、倉賀野上四公園で6時30分に行われるラジオ体操会に参加してます。この会にはラジオ体操の正式な指導者である大島さんがいます。彼はラジオ体操普及のため南米に住む日本人に指導に行かれた方です。
 
 彼の動きをよく観察すると、細部に亘るまで正式です。例えば、踵を上げ下げすることや、腕の伸ばし、何より全体的な姿勢が正しく、動きがスムースです。
 
 私がラジオ体操で心掛けてることは、全身の「関節の可動域を広げたり、筋肉をよく伸ばすこと」です。結果として、お腹が空くので、帰宅してからの朝食【ご飯に味噌汁、納豆にモズクと卵】がすごく美味しいです。ラジオ体操で活動的な一日が始まります。
 
Dear my friend who likes an active life
 Every morning, I walk out of my house at 6:15 and participate in a radio calisthenics held at 6:30 at Kuragano-kami forth Park. Mr. Oshima is the official leader of radio calisthenics at this meeting. He had ever been to teach Japanese people living in South America to spread radio calisthenics.
 
 If I look closely at his movements, every detail is formal. For example, raising and lowering the heels, stretching the arms. Above all, the overall posture is correct and the movement is smooth.
 
 On the other hand, what I keep in mind in radio calisthenics is to "Widen the range of motion of joints and stretch muscles well" throughout the body. As a result, I became hungry, so the breakfast [rice with miso soup, natto with mozuku that means edible seaweed and raw egg] is very delicious. Radio calisthenics begins an active day for me.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...

| | コメント (0)

2021年9月28日 (火)

今もなお 風格漂う 古民家あり

Img_2388
 
 倉賀野町の旧中山道沿いに、推定築100年ほどの芸術的な一軒の古民家が今なお揺るぎない風格で佇んでます。私が子供のころは米屋であったと記憶してますが、現在、もしかして空き家かもしれません。というのはいつもカーテンが締まり、人が出入りする姿を見ることがないからです。
 
 それにしても、本格的な瓦屋根がずいぶん広く、二階も部屋数が多いと想像できます。これだけ保存状態がよいのは、きっと管理してる人がいるのでしょう。亡き母の話では、この家の人は戦前に甲子園に出場したと聞きました。
 
Dear my overseas friends
 Along the old Japan National Route 17 in my Kuragano-Town, an artistic old folk house which is estimated to be about 100 years old, still stands in an unshaken style. I remember being a rice shop when I was a child, but now it may be a vacant house. Because the curtains are always closed and I have never seen people coming and going.
 
 Even so, I can imagine that the roof is quite wide and the second floor is also large. I'm sure there are people who manage this good preservation. According to my late mother, I heard that the person in this family had participated in Koshien stadium as a baseball player of Takasaki High School of commerce before the World War Ⅱ.
 

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

倉賀野を 倉賀野かるたで 学び直す 

Img_2267
 
 今朝もこれから地区のラジオ体操会に行きます。この体操は日本人なら皆できるので不思議なことです。私はいつまでも猫背にならぬことを最大の目標にしてます。
 
 同様に、群馬県人なら、誰でも皆できるものがあります。それは上毛カルタです。群馬県の名所旧跡、歴史上の人物、そして自然を知り、そこを訪れたくなるものです。ところで、最近、私の住む倉賀野町にも倉賀野かるたができました。
  
 I will go to the district "Radio Gymnastics" this morning as well. This exercise is strange because all Japanese can do it at the same time at 6:30 AM. My main purpose is to avoid stooped posture, even if I get older.
  
 Similarly, there is something that every Gumma citizens can do. It's Johmoh Karuta that means cards. By playing the cards, everyone knows the historical sites in Gumma prefecture, historical figures, and nature of Gumma prefecture, after all they want to visit them. Recently, Kuragano cards were created in Kuragano Town where I live. Of course it explains historically about my town.
 

| | コメント (2)

2021年6月28日 (月)

コンクリ減らし 緑の中に暮らす 熱中症対策

Img_2147

【近くにある倉賀野一大きな欅・・・幹に不思議な穴があいてる】

 近年、私の家の近くには若い人たちの新築家屋の建設が目立ちます。徒歩10分ほどで高崎線・八高線の「倉賀野駅」があることから通勤通学に便利であり、公害が心配されるような大きな工場はなく、スーパーがあり、日常生活を送るには便利な町です。また、歴史を紐解いても、水害、崖崩れなど自然災害は皆無と言っても過言ではありません。

 町の南を流れる一河川「烏川」は町の海抜から20mほど低い所を流れており、大雨が降っても氾濫したことは一度もなく、町内に降った雨は最終的にすべてこの烏川に流れ込みます。

 ところで、私の住む倉賀野町は歴史的に古く、おそらく1000年以上前には、すでに倉賀野という地名ができていたと考えられます。その証拠は、町内を通る旧中仙道には、都があった奈良・京都に近い方から順に上町、仲町、下町となってる地名が現存し、この地区名は古の都の場所を示す名残と考えられます。

 話を元に戻して、倉賀野を烏川の対岸である阿久津町方面から眺めると、東西およそ2㎞に亘って高さ20mほどの崖が延々と連なっており、その崖の上に、倉賀野があります。大昔は崖のこと、あるいは高い所を「倉」と言ったようです。それは例えば、魔の谷川岳にはアルピニストのメッカ「一の倉」と命名された断崖絶壁があります。ここでも「倉」が使われてます。

 ですから、倉賀野という命名については、この烏川の崖(倉)の上に(野)原が広がってるおり、めでたい「賀」の字を入れて倉賀野と命名されたのではないかと想像できます。

 ところで、やっと本題です。現在は一年の中でも正午の太陽角度が最も高く、およそ76°です【群馬県】。このため梅雨であっても晴れれば、気温はぐんぐん上昇し、暑さに慣れてない現在の私たちの身体は、熱中症になる可能性があり、大きくダメージを受けます。こまめな水分補給が欠かせません。

 前述の最近できた多くの新築家屋の周囲にはコンクリートが広がり、近くの道路はアスファルトであり、中には家の庭全体をわさ゜わざコンクリートにしてる家が見受けられます。これでは照り返しで外気が高温になり、更に、エアコンの室外機からは熱風が吹き出ています。つまり、自然環境を益々高温にしています。

Img_2152

【室内から木漏れ日を見る・・・樹木に覆われ、コンクリートなし】

 平素、倉賀野をウォーキングして感ずることは、殆どの家に樹木らしい大きな植え木が見当たりません。先ず、庭を含めて住環境を根本的に変える考えでないと、周囲はますます気温の上昇につながり、現代の人類は住み難い環境を子々孫々は残していることになりかねません。

 これらのことを考慮し、私の家は個人としては、倉賀野一緑の多い環境をめざしてます。現在でも、おそらく、外部からは森の中に住んでるように見えるでしょう。緑が多ければ、木陰ができ、風が流れ、野鳥の聖域になります。人間も野鳥も涼しさと新鮮な酸素が欠くべからざるものです。

 熱中症対策はいろいろあっても、先ず、各家庭で樹木を植える努力が必要であり、草が生えたら目の敵にせず、スズムシやコオロギの棲みかを作ってやり、もうすぐ来る初秋の鳴き声を楽しみましょう。庭をコンクリートにすることはもう止めましょう。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象病 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡りの習性 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査