カテゴリー「English pronunciation」の5件の記事

2016年5月17日 (火)

Rの発音が正しくできれば英語は本格派だ

P1010044_2 【rで始まるrhododendron=シャクナゲ】

 私たち日本人が英語を学習するとき最も苦手なのが発音です。文法やボキャブラリーは努力で身についても、生まれながらにして日本語を聞き話す環境に身を置き、それに慣れ切ってることから、英語圏出身のネイティヴの発音にはなかなかついて行けませんが、口の形などの真似がポイントでしょう。

 このブログの右サイドにあるVOA Learning Englishでもネイティヴの口の形がよく分かります。特に、頻繁な顎の上下運動は日本語にないことです。

 私たちが英語の音を学ぶには「両言語の発音の違い」を理解すると共に、音読を反復練習し、舌や唇の感覚を覚えて実践することが、より英語の音に近づくように思います。

 先ず、手で顎を触りながら、日本語の「あいうえお」から「かきくけこ・・・ん」まで大きい声で言って下さい。すると共通してることに気づきます。それはどの音も顎をあまり動かしません。

 一方、顎を下から手で触りながら、英語のABC~Zまでの音を発してみると多くの音で顎がバクバク上下運動します。特に、A、F、H、I、J、K、L、M、N、O、R、S、W、X、Yは顎が下まで力強く開きます。

 日本語で、このような顎の動きがある音は遠くにいる人を呼ぶとき「おーい」と発するくらいです。つまり、日本語は大きく顎をパクパク上下運動しない言語です。

P1010037 【white flowerの発音では顎が二回開きます。】 

 また、舌の動きについて両言語を比較すると、日本語では「舌をあまり動かさなくても」発音できます。

 一方、英語の「舌の動きは大胆かつ活動的」です。ここが英語と日本語の大きな違いの一つです。

 ここでは表題のRの舌の動きと形について私の考えを書きます。

 Rは舌の中央を盛り上げ、どこにも接しません。こんなことは日本語にはありません。ただし、舌の両端が「奥歯に少々接する」感じです。そして、唇を僅かに丸めます。その形でルのような音を長く伸ばしてみます。この音は有性音なので、両手で耳を塞ぐと頭全体に響きます。

 Rは恰もスポーツの感じに、強めに長く伸ばして練習します。そしてred, right, arriveなど発音してみます。最初は、単語の中では少し長めに発音してみると、舌の位置が覚えられるでしょう。

 Rと対極的にあるのがLです。こちらは舌の先を上の前歯の歯茎にピタッとつけて、舌の両側からウのような音を出して練習します。

 私たちが慣れ親しんでる日本語は舌の動きがあまりないので、Rを含む単語を発音するときは常に「舌の位置が正しいか意識する習慣」がポイントと思います。

| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

bがあってもbを発音しない英単語

028 【群馬県の万座温泉から草津白根山へby Audi TT Quattro】

 最近は「毎日ウィークリー」を読んだり、フェイスブックでは発信する内容を日本語と英文の両方で書いたり、インターネットによるVoa Learning Englishを聴いたりして、年齢により脳が錆び付かないように努めてます。

 英語の勉強は脳活動にプラスすると考えても、現実にはなかなか頭に入らず厳しいです。しかし、音読して覚えると効果があるように感じてます。

 英語学習で感ずることは、先ず、仕事や生活に必要な語彙を増やすこと、自らの体験や感想について、相手により良く伝わるために文法的に正しい英作文を書くこと、ネイティヴの発音と発声法に少しでも近づきたいものです。

 これらのまとめとして音読の繰り返しは、口の動きが伴うので結構効果があるように感じてます。

029 【Active volcano草津白根山】

 ところで、先日、スペルの中に存在しても発音しない所謂silent letterの「p」について書きましたが、今回は「b」について整理してみました。

 mの後にあるbは多くの場合、発音しないです。理由は昔、ギリシャなど外国からの輸入語であたっり、発音し難いことに由来するようです。

 以下はよく使われてる単語でbを発音しないものです。

 bomber(戦闘機)  tomb(墓)  comb(櫛)  thumb(親指)  dumb(口のきけない)  womb(子宮)  climb(登る)  doubt(疑う)  debt(借金)  subtle(微妙な)  limb(手足)  plumb(錘) bomb(爆弾) numb(感覚のない) dumbfound(唖然とする) number(numbの比較級)  plumber(配管工) jamb(窓などの脇柱)などです。

 多くのbが単語の最後にあるので分かりやすいです。number(数)はbを発音しても、numb(感覚のない、しびれる)の比較級numberは同じスペルであってもbを発音しないので気をつけたいです。 

| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

PがあってもPを発音しない英単語

3704 【榛名湖】

 若き学生時代、写真の榛名湖畔で吹奏楽講習会が開かれ、講師はアメリカ吹奏楽指導者ソウヒル氏でした。この講習会ではモデルバンドとして高崎商業高校吹奏楽部が演奏したのを見学したことがあります。

 ソウヒル氏はモデルバンドを指揮しながら英語で指導され、演奏する生徒にとって理解の難しいところについては同行の通訳が訳しましたが、楽曲が流れる途中では英語のみで通訳が入らないことが多く、それでも、どうしたことか高校生は氏の話される通りに演奏し、次第に良い演奏に変わっていくことに驚いたものです。

 指揮者と生徒さんの共通項である音楽を通じてだからこそ、生徒さんもネイティヴの発音が理解しやすかったのでしょうか。あるいは氏も分かりやすいようにbasic Englishで指導されたのでしょう。いずれにしても、アメリカ人指揮者の言葉を理解しようとした高校生の感性も素晴らしく感じました。

 講習会には、私もサックスを持参してたのでソウヒル氏に聴いていただくチャンスがあり、氏は「Aの音を出してごらん」と言って音叉を出し、私の音と比べました。いい音がすると言って下さいました。

 当時の私はクラシックサックスのパイオニア阪口先生にレッスンを受けていたことを話すと、「イベールを習いましたか。」と訊かれました。私は「教則本など基礎だけです。」と答えました。私にとって、サックス演奏と英語が一つになった初めての体験でした。

 それ以来、半世紀に亘りサックスと英語を続けても、両方ともなかなか上達は程遠い感じです。それでも、機会あるごとにソプラノサックスの演奏に努めたり、機会あるごとに英語を続けています。しかし、未だ目的とはかけ離れ、日々茨の道です。勉強とは達成のない無限なもなのでしょう。

 一方、フェイスブックでは日本語及び、それと同じ内容の英文を掲載し、これはその度ごとに英作文です。我が家にホームステイしたことのあるニュージーランドのMr. Barry Spenceや、海外のレース鳩関係の方々にどれ程通じているでしょうか。

 しかし、相手が日本語を分からない場合は、英語を介さなければ意志が通じないことは事実であり、専攻や趣味にかかわらず世界共通語である英語で自らの感想や意見をしっかり表現できるようになりたいものです。

P1020906 【ロープウェイから見た榛名湖】

 ところで、今回は英語発音に関して黙字=silent letterとなる場合のPについて改めて確認してみました。これはスペルのなかにPがあってもPを発音しない英単語です。

 私は昔から英単語を見ると「ローマ字のように発音する癖」があり、今でも困ってます。英語の発音のためには、多くを吸収する小学生時代にローマ字学習はなくてよいと感じてます。

 以下の英単語に含まれるPは発音しないものの一例です。古い時代に外国語から来た英語と思われます。

 pharmacist(薬剤師), pheasant(雉)などphはfの発音になります。 pseudonym(ペンネーム), cupboard(食器棚), raspberry(木イチゴ), corps(軍隊), receipt(領収書), psychology(心理学), psalm(讃美歌), psittacosis(オウム病), ptarmigon(ライチョウ), Ptolemaic(天動説), pneumonia(肺炎), psham(苛立ちの言葉), pterygoid(目の病気・翼状片)

 発音しない音はP以外にもたくさんあり、今後も研究し、カテゴリー「英語の発音」で書きたいと思ってます。

 ところで、来月からボキャブラリーを増やす目的で「毎日ウィクリー」を購読します。1週間勉強できるので便利です。ボキャブラリーは一日一日の積み重ねであり、前述の黙字にも気を配り、”音読を通して”使える語彙を増やしたいです。

| | コメント (0)

2014年1月16日 (木)

両手で耳を塞いで無声音と有声音のトレーニング

P1040581 【英国レース月刊誌Pictorialの表紙に載った記事】 

 私たちの日本語と外国語である英語の音の違いの一つは子音の独立と発音にあると思ってます。日本語ではその殆どが子音と母音が、あたかも一つの音のようにくっ付いて発音されても、英語では子音のみが連続的に発音されることが多く、このような場合、私たち日本人は子音の後に母音を入れて発音しやすく、これは気をつけなくてはならないことでしょう。

 例えば、ほんの一例ですが、免許であるlicenceの発音はライセンスでなく、最後の3つの音は子音のみ「sns」であったり、同様によく使う重要のimportantはインポータントゥでなく、最後の3つの音は「tnt」であったり、案内のguidanceはガイダンスでなく、最後の3つの音は「dns」、世界のWorldはワールドでなく、最後の2つの音は子音のみで「ld」であったり、庭のgardenはガーデンでなく、最後の2音は「dn」です。

 数字の1000であるthousandはθauザンdでなく、最後の3つの音は「znd」であるなど、英語では【子音のみが連続して発音】されることがあるので、私たちは唇や歯、そして舌、喉で正しい音を体得するまで子音のみを練習することが有効な方法と思います。 

 子音の一つは無声音です。これは「息の音だけ」で「喉から声を出さないもの」です。無声音とは無意識に行ってる呼吸のみで発音できます。つまり肺から出る空気が途中で歯や唇、舌、そして狭くした喉に邪魔される音です。

 おもしろいことですが、これらの無声音を発すると猫や犬など多くの動物はその声に反応します。

P1040577 【すでに咲き始めてる君子蘭・・・kaffir lily】

 子音には同じ唇の形や、同じ歯の形をして発する無声音と有声音が対を成してるものがあります。左が無声音で右が有声音で、それらは次のものです。

  s→z、p→b、t→d、k→g f→v、θ→δ、ʃʒ、tʃ→dʒ、ts→dz、

 実はこれらの違いは「手のひらで両耳を塞いだまま発する」と無声音と有声音の違いが分かります。先ず、s(無声音)→z(有声音)を練習します。

 両手でしっかり耳を塞いでみましょう。初めにsです。これをスーと「息の音だけ」で出せば無声音です。そのまま「喉から声を出す」とzとなり、これが有声音です。zは頭全体に響くでしょう。頭に響かないのが無声音で、響くのが有声音です。

 では、上記のグループをそれぞれ確かめましょう。3秒伸ばすと違いがはっきり分かります。

P1040583 【イギリス・レース鳩月刊誌Pictorialに掲載されたもの】

 如何でしたか。これを実際の英文音読で生かしたいものです。 

 前述のように、私たちの日本語は子音のみで話すことはありません。強いてあるとすれば内緒話が似てます。

 私は若い頃、英単語について発音より意味を重要視してました。しかし、海外の方に話して通じなければ何もなりません。

 今後は子音である無声音と有声音を体得するためにも、英文を読むとき音読を習慣づけたいです。6年半後の東京オリンピックに向け、お互い英語を頑張りましょう。

| | コメント (0)

2012年7月 9日 (月)

発音練習には夢のようなVOA special English

P1020464【紫君子蘭・別名アバガンサス】  

 本拠地がニュージーランドか日本か、どちらとも言えない友人Samuel Toddさんのお宅へは、月に3~4回ほどお邪魔し、お茶を頂いては1時間ほど歓談したり、ご自慢の菜園を見せていただいてます。

 彼は前橋市に【Aotea English School】を主宰し、colloquial expression(口語表現)を主体とした英語レッスンを開いてます。時々、私も伺いますが、それは特別な行事があるときや映画のときなど連絡を頂き伺います。

 特別な行事とは、彼のアメリカの友人やニュージランドの方々がご家族で訪れるとき、また、クリスマスのとき等です。

 P1020440 【赤紫藤の狂い咲き】

 ところで、先日はSamuel Toddさんに素晴らしいサイトを紹介され、それは驚きの他はありません。

 【人生とは、人との出会いによってその後の自分に変化が起こることがあります。】今回はそれに当ります。

 VOA special English というもので、世界中で英語を勉強してる外国人のために開発された番組です。VOA=Voice of Americaの主にCarolyn PresuttiさんやAlex Villarrealさんが多くのカテゴリーについて、最新の話題を媒介にし、英語学習者がついていける速さで話されます。しかも、字幕つきです。

 平素のVOAニュースの30%ほど遅いスピードで丁寧に発音されるので、外国人に分かりやすく、発音学習に効果的です。洗練された内容は広範囲にわたり、特徴は【口の動き】がとてもよく分かることです。動画なので途中で止めたり、前に戻れます。

 【口の動きを真似て発音することこそ、ネイティヴの発音に近づく方法ではないでしょうか。】

 この点から考えると、例えば、CDをでいくら聞いても【「英語は聞いているだけでは話せるようにならない】と思います。口の動きを見て発音を真似することこそ、英語らしい発音に近づく道と思います。

 私はVOA special Englishは今までにない英語学習の理想と考えてます。

 家で毎日15分~30分ほど最新の話題によるVOA special Englishを聞いてはいかがでしょう。このブログの左サイドから入れます。動画数は豊富です。

 【Featured playlist】の中から、農業、経済、教育、一般、健康、科学技術など興味ある番組を選択して聞くことができます。

 一度聞いて、分からない単語をメモして後ほど調べ、再度、聞くと聞き取りは確実になり、効果があると思います。

 インターネット時代の恩恵で、本場の英語が毎日、家庭で聞けるとは夢のようなことです。このチャンスを生かさない筈はありません。

 こんなことから、最近の私は新聞や書物より、このサイトでボキャブラリーを勉強するようになってます。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 古代史 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査