カテゴリー「facebook」の2件の記事

2017年2月13日 (月)

日々、よしなし事を英作文に、そして音読の反復

Photo_2【facebookを通じてニュージーランドから送られてきた昔の写真】

 この写真はニュージーランドのSpence一家が私の家にホームステイしてたときの写真です。Barry Spenceは高崎商業高校のALTでした。下の写真は彼らが現在住んでるオークランド付近の国際宇宙ステーションからの映像です。
 
 ところで、先日、近くのコンビニへ買い物に行ったときです。珍しく外国人と思われる方がレジで仕事をしており、私は飲み物を買うとき、英語で「母国はどちらですか」と訊ねたら「ネパールです」とのこと。私は嬉しくなり咄嗟に手を出しI have ever been to Katmandu.といい握手しました。インド滞在中、春休みにヒマラヤ山脈を見にカトマンズに行き、その光景がとても印象深く残っているからです。小さなことでも、外国の方と話すことは楽しいことです。
 
 日本は島国で、遠い昔より私たちの祖先は日本語以外で話すことに慣れておらず、その必要性もありませんでした。これが遺伝的に現在の私たちにとって外国語が難しい遠因かもしれません。
 
 中学・高校時代の私の感覚では、英語とは学校の一教科として存在し、試験には範囲があり、試験でよい成績を取るために頑張ったものです。試験が終わるとどうでしょう。試験休みがあり、ホッとして遊んだものです。今考えると、これでは英語が上手になる筈はないでしょう。少しでも点数が高いと英語が得意と勘違いです。外国人と英語を媒介にして交流できることが英語本来の姿であり、点数が良くて喜んでもそれほど意味がなかったのです。
 
Photo
 
 ところで、私は今まで日本語が話せない10名ほどの外国人をホームステイとして受け入れた体験があります。彼らと英語で話すには先ず、脳、「舌の位置」や「顎の開き」、そして「唇、歯」が瞬時に【英音の動作に切り替わること】が必要と、今となって感じてます。
 
 前橋高校勤務時代は、アメリカ女性を草津で行った吹奏楽部の練習にお連れし、演奏の感想を生徒に話してもらったり、同様にインド青年を学校へ連れて行き、授業に参加してもらったことがあります。どちらも日本語を全く理解しない方々なので、こちらも真剣でした。
P1020219_2 【国際宇宙ステーションからの映像・・・ニュージーランド・北部】
 
 如何にしたら「言いたいことが口からすらすら出るか」はスポーツのように日々のトレーニングや、徹底して脳内を英語にすることかもしれません。これはピアノの練習にも相通じるものでしょう。運動やピアノで高いレベルまでいくには、並大抵の努力では達成できず、見えない所での不断の努力が後に具現するようです。
 
 その点、長期に亘りイギリスの統治下にあったインド人は生まれながらにしてヒンディー語、州の言語、英語が生活として存在し、遠い先祖の時代より、他言語に対し違和感が少ないように感じます。
 
 一方、建国以来、単一言語で生活してきた私たち日本人が英語でいろいろ表現できるには、先祖が体験してない「言語を司る脳の切り替え」こそ肝心ではないでしょうか。
 
P1020339
 
 日々、試行錯誤で英語に取り組んでいても、私には先の見えない茨の道です。それでも近年、ほぼ毎日、取り組んでるフェイスブックでは、日頃の由無し事を書いては友達に知らせたり、内容によっては一般の方々にも公開してます。記述内容を日英両言語で表記する方法です。「いいね」をいただくことから外国人も目を通すことが分かります。この方法は必然的に日常語のボキャブラリーを増やすので数年続けたいと思います。
 
P1020338【日米口語辞典】
 
 英作する上で不可欠なものは和英辞典と口語辞典です。これは私のバイブルであり、英作の指針として使ってます。難しくても日本語を英語にする作業は意外と楽しいものです。数回同じ表現に出合えば自分のものになります。
 
 発信という観点から、フェイスブックの英作文は口語英語に近く、注意は、学生時代に習った英文法に沿うことが英語圏の方々に通じる方法と感じてます。英語と日本語の違いは先ず語順が逆で、人称、複数・単数に伴う動詞の変化、時制に伴う動詞の変化、どんなとき現在完了を使うべきかや、不規則動詞の発音を確認します。また、日本語と英語の音の違いは日本語は口を余り開けないが、英語は顎が開きます。基本練習として英語の音でロングトーンするのも良いと考えます。例えば、ratherなどはすべて音が日本語にありません。
 
 その後は【音読の習慣】です。音読は楽譜を読むのに似てます。少し前を見ながら読むとスムースになりやすいです。口を大きく開ける母音はパクパク大袈裟な感じです。子音の連続は日本語にないものでスポーツのようにトレーニングです。私のフェイスブックはこのページの右の欄から入れます。
 

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

New Zealandの友人とfacebookで25年ぶりに再会

Map_of_newzealand  勤務していた高崎商業高校にALT=Assistant Language Teacherとしてニュージーランドから派遣されたのはBarry Spence先生です。

 来日した4月はご家族ともども我が家で生活され、日本の風習に早く慣れてもらうために食事を共にし、我が家から学校へ通勤されました。

 こんなことから私には英語の勉強に理想的な環境となり、逆に、彼にとっては日本語の発音に慣れる環境であったと思われます。本国では日本語を教えるとのことです。

 彼の日本語のボキャブラリー習得は常に小さなノートを後ろのポケットに入れておき、どこへ行くにも携帯し、新たな言葉に出合うと左に日本語、右に英語でメモしてました。私は実に向学心のある方と感じたものです。

 それ以来、彼の方法を真似して私の英語ボキャブラリーも延々と続いていますが、ゴールには生涯かかっても到達しない茨の道です。

 しかし、彼と出会ったお陰で、母国語以外でも自分を表現するという生き方は人間として大きな収穫であることを教わり、今でも私の大きな喜びになってます。

342  当時、私は両親の時代から、私の時代になった記念樹として枝垂れ花桃を植えることにし、大きいので業者に植えてもらいました。植えてるその時間は丁度、彼らが日本に向かってる途中で、たぶん赤道上空の成層圏=stratosphreを飛行してる頃でした。タイミング良く我が家に着いたとき開花し、彼らを出迎えるのに間に合いました。その花桃も25年経過しご覧の通り大きくなりました。

 このことを食事をしながら話したので、stratosphreという言葉が私の脳に定着し、それ以来、言葉とは使って覚えることが大切であると感じるようになりました。

 実は誠に驚いたことに、最近、フェイスブックをはじめた娘たちは、ニュージーランド在住の彼の娘さんセラーと友人になりました。セラーは当時、高崎塚沢小学校に在籍し、私の娘たちも小学生だったことから、毎日よく遊んだものです。そして25年が経過して、お互い大人になり、文明の利器フェイスブックにより再会を果たしたのです。

 娘たちに先を越された私も、遅まきながらフェイスブックを始め、 ます゜セラーちゃんと友達になりました。彼女は大変喜んでくれました。そしてセラーの友人を探したら、彼女の父であるBarry Spenceの名前が出てきたのです。

 すかさず私は彼に友人関係希望のメッセージを送りました。そして、ついに昨日、彼から承認のメッセージが届き、私たちはフェイスブックを通して25年ぶりに再会できました。このことは、今後ずっと瞬時に交流の機会が生まれるという願ってもないことになったのです。彼は枝垂れ桃の画像を見て、来日当時を懐かしんでることと想われます。

 高崎商業における彼の新任式では、私は吹奏楽部を指揮し、ニュージーランド国歌を演奏して歓迎する計画を立てました。しかし、当時、ニュージーランド国歌の楽譜は市販されてません。困ってることを部員に伝えると、部長たちが県立図書館でニュージーランド国歌のCDを見つけ出し、借りてきてくれました。部員たちにも国際交流の基本は国歌演奏であることが伝わったのでしょうか。私はそれを聴き、すぐ吹奏楽用に編曲し、幸運にも新任式に間に合わせることができたのです。

 新任式では彼が体育館へ入るや否や、ニュージーランド国歌を演奏し歓迎の意を示しました。このことは、おそらく彼には予想できなかったことで、新任式という緊張の中にあっても、心境は興奮と驚きであったのではないでしょうか。音楽は言葉を超越して、民族と他の民族の心を結びつけるものであることを互いに感じたと思います。

347  ところで、お酒に強いBarry Spenceはご家族とともに私の部屋で、ご覧のインド象や拙い私の絵を見ながら交流したものです。  この写真もきっと懐かしいことと思われます。

 前述の、考えられないほど不思議なフェイスブックは、日本人はもとより、世界の人と個人対個人で瞬時に交流が出来る優れものです。

 一方、拙いブログにアクセス頂いてる方々の1割は外国人です。家に居ながらにして、国際交流できる夢のような時代に差しかかってることを実感しつつあります。このブログは瞬時に英語版になるよう設定してあることが役に立ちそうです。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査