フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「ISSからの景色」の6件の記事

2023年2月17日 (金)

ISS、今朝、日本上空 明るく通過

Img_4255
 
 国際宇宙ステーション【ISS】に興味がある私は、ブログでもISSが現在、世界のどこを飛行中であるかリアルタイムで分かるようにしています。参考になさってください。
 
 実は、今朝5時57分頃からISSが日本列島上空400kmを縦断するように西南から東北にかけて一直線に進んでいるのが確認できました。ISSは日本列島上空を度々通過しますが、月と同様で、太陽光に照らされたときのみ見えます。つまり、観察するにはチャンスがあるのです。
 
 その時間帯は日の出前か日没後の未だ空が暗いときです。この時間帯であればISSが地球の影に入らず、太陽光に照らされるからです。ISSの速度は秒速7.66㎞で、90分で地球一周します。ですから、一日に地球を16周します。
 
 今朝、暫くぶりにISSを見ましたが、明るさはシリウスほどで、想っている以上に明るいです。飛行範囲は地球上空の北緯51度と南緯51度の間で、実際には常にまっすぐに飛行してます。その間に地球が自転してるので、軌跡はカーブしているようになります。このため、ISSは北極や南極上空を飛行しません。
 
 今朝見えたISSも東北へ向かって真っすぐに意外と速く進んでました。日本で見えるISSの進行方向は二通りで、今回のように西南~東北へ、及び西北から東南へ飛行します。現在、ISSには日本人宇宙飛行士・若田 光一さんが搭乗しています。
 
Dear my overseas friends who are crazy about ISS
 I am interested in the International Space Station [ISS], so I indicate in my blog for everyone to know where the ISS is currently flying around the world. Please make yourself useful.
 
 In fact, from around 5:57 this morning, I was able to confirm that the ISS was moving in a straight line from the southwest to the northeast, traversing 400km above the Japanese archipelago. The ISS passes over the Japanese archipelago from time to time, but like the Moon, it can only be seen when illuminated by sunlight. So there is an opportunity for us to observe.
 
 The time period is before sunrise or after sunset, when the sky is still dark. This is because the ISS is not in the shadow of the Earth during this time and is illuminated by sunlight. The ISS has a speed of 7.66 km/s and orbits the earth in 90 minutes and it circles the earth 16 times a day.
 
 This morning, I saw the ISS after a long interval, and it was as bright as Sirius, much brighter than I expected. The flight range is between 51 degrees north latitude and 51 degrees south latitude above the earth, and in fact it always flies in a straight line. In the meantime, since the earth rotates, the trajectory appears to be curved. For this reason, the ISS will not fly over the North and South Poles.
 
 The ISS that I saw this morning was also heading straight toward northeast and moving surprisingly fast. There are two directions which the ISS can be seen in Japan. It flies from southwest to northeast, and from northwest to southeast. Japanese astronaut Mr. Koichi Wakata is currently on board the ISS.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

2022年10月11日 (火)

地上から見る上空・・・宇宙から見る日本

Img_3796
  
 今日午後5時30分頃の素晴らしい夕焼けです。私の家の窓から撮りました。拡大すると臨場感が出ます。下方に見えるのは荒船山です。
 
 A marvelous sunset at 5:30pm today. Taken from the window of my house. Enlarging it gives a sense of reality. You can see Mt. Arafume below.
 
Img_3794 
   
 一方、今日の午後4時45分頃、ISS【国際宇宙ステーション】が日本上空を北西から差し掛かり、四国の足摺岬の約400㎞上空を通過しました。
  
 ISSは地球一周約90分です。ですから、1日に地球を約16周します。
 
 地球の自転方向と同じく常に西から東へ飛行中です。日本へは北西から来る場合と西南から来る場合の二通りです。
 
 赤道に対して51.6度の角度で飛行してます。ですから、飛行範囲は北緯、南緯共に51.6度までです。北極や南極上空を飛行しません。
 
Dear my earthlings
 At around 4:45 pm today, the ISS [International Space Station] approached Japan from the northwest and passed about 400 km above Cape Ashizuri in Shikoku.
  
 The ISS takes about 90 minutes to circumnavigate the earth. Therefore, it circles the earth about 16 times a day.
  
ISS is always flying from west to east in the same direction the same as the earth rotates. There are two ways to come to Japan, one coming from the northwest to southeast and the other coming from the southwest to northeast.
 
 "ISS is flying at an angle of 51.6 degrees to the equator." Therefore, ISS is flying within the radius of 51.6 degrees both north and south latitudes. The ISS will not fly over the North or South Poles.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
    

2020年5月 7日 (木)

ISSからの映像で地球の表面を眺める

右サイドの国際宇宙ステーションをクリックし、現在の地球を見ましょう。

 もし、真っ暗な場合は国際宇宙ステーション【ISS】が地球の夜の地域を飛んでます。暫くしてから再度ご覧ください。

 ISSは地上から約400Km上空を、秒速約7.7㎞で進み、地球を1周する時間は約90分です。1日に地球を約16周します。

 ISSは地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行するので、故に、軌道は北緯51.6°~南緯51.6°の範囲になります。このため 北極や南極上空は通過しません。なお、北西から、あるいは南西から地球の自転方向に飛行してます。

 Please click on the International Space Station on the right side of the blog to see our current Earth. 

 In case of pitch-dark, the International Space Station flies over the Earth at night. Please look again after a while.

 The ISS travels about 400 km above the ground at a speed of about 7.7 km per second and one lap is about 90 minutes. It goes around the earth about 16 times a day.

 The ISS flies at an angle of 51.6 degrees to the equator of the earth, so the orbit limites in the range of 51.6 ° north latitude to 51.6 ° south latitude. Therefore, it does not pass over the North Pole or the South Pole. It is flying from the northwest or the southwest in the direction of the earth's rotation.

2019年5月28日 (火)

ここはどこでしょう。・・・国際宇宙ステーションからの映像

P1070793

【拡大してご覧ください。】

 昨日、日本時間の午後9時前に国際宇宙ステーション(ISS)から送られてきた映像です。ここはどこでしょう。

 ISSが飛行する範囲は北緯51度まで、及び南緯51度までです。ですから北極近くや南極大陸などは映りません。日本が日が沈んだ後なので日本以西になります。海岸線がほぼまっすぐに写っています。ISSは地上400Kmを1日に地球を16周します。

 This is an image sent from the International Space Station (ISS) last night before 9:00 in Japan time. Tell me about this foreign area.

 The ISS flies to latitude 51°N and latitude 51°S. So we can not see near the North Pole or Antarctica. Here is around more western nations than Japan because of after Japanese sunset. The coastline is almost straight. The ISS orbits the earth 16 times a day 400 km above.

画像に含まれている可能性があるもの:空

 これは昨夜9時の地球の満ち欠けです。

 昼間である国に上の海岸線に似たところがありますね。つまり、イランからパキスタンにかけての海岸線です。それにしても、400K上空からよく映ってます。

 This is a phase of the earth at 9 o'clock last night in Japan time. 

 There is a similar area where is in day time in the upper coastline. That is the coastline from Iran to Pakistan. Even so, it looks a marvelous image from 400Km above.

 ISS画像の右上に当る場所は半世紀前に訪ねたことがあるインド北部のカシミールです。ここは一面の雪でした。ですからインドでも雪が降ることを知りました。

  また、現地で出会った方々の鼻があまりにも高いのに驚き、どうしてそんなに高いのかと訊いたら、毎日、引っ張ってると言いました。このため、私も真似して毎日引っ張ったら、1週間後ついに鼻血が出ました。

 The upper right corner of the ISS image is Kashmir in northern India where I had ever visited half a century ago. It was snowy everywhere, so I knew it snows in India.

 Also, I was surprised that the noses of people I met there were so high, and I asked why your nose is so high. They answered they pulled their noses everyday so I imitated to pull my nose every day.

 At last I had a nosebleed after one week.

 

2018年11月 3日 (土)

果たして日本列島は見えるでしょうか

国際宇宙ステーションからの現在の映像です。ここはどこの上空でしょう。私のブログの右上をクリックして分かります。果たして日本列島が見えるでしょうか。暗いときは夜です。
It is the current picture sent from ISS. Where is this picture? We can understand the place by clicking on the top right of my blog. What on earth, can we see the Japanese archipelago? When in darkness, here is night area.

USTREAM.TV
QUICK NOTES ABOUT HDEV VIDEO Black Image = International Space Station (ISS) is on the night side of the Earth. No Audio = Normal. There is no audio by design. Add your own soundtrack. For a display of the real time ISS location plus the HDEV imagery, visit here: http://eol.jsc.nasa.gov/HDEV/ The Hi...

2016年9月15日 (木)

ジブラルタル海峡上空を通過・・・ISS映像に感銘

P1010734 【ジブラルタル海峡・・・2016年9月15日17時~】

 このブログの右サイド【国際宇宙ステーション】では24時間いつでも、ISS=International Space Stationからのリアルタイムな映像が見られます。ただし、ISSが地球の夜の地域に入る40分間ほどは真っ暗で見えません。

 国際宇宙ステーションは地球の上空約400㎞を秒速約7.7㎞で飛行し、地球を約90分で1周し飛行を続けてます。

 故に1日で地球を16周します。現在、クルーの一員として搭乗してる大西宇宙飛行士は4ヶ月間の飛行が予定されてます。しかし、このような宇宙環境で1日の長さをどのように捉え、食事時間、睡眠時間をどう確保してるのでしょう。

 実は、暦は英国グリニッジ標準時を使用して生活していると伝えられますが、地上のように生活時間と昼夜が一致しないことから、事前に訓練をこなしていても、生活のリズム、体調維持及び時間の観念はどのように対処してるのでしょうか。

 また、ISSの上空は「常に夜空である」と考えられることから地上の感覚とは別世界の境地でしょう。ISSから見る太陽や月の動きは45分程で出たり入ったりでしょう。

 一方、私たちが地球上で見る星座の形や惑星の動きはISSから見ても殆ど変化なしでしょうが、星座は見る見るうちに移動し、おそらく、その動きは地上の16倍ほどの速さと考えます。つまり、星が動いて見えるでしょう。

 Aki4

 実は今日は中秋の名月です。ISSから見ても満月【実際月齢14.1】であることは地上からと全く同じに見えるでしょう。それはISSの地上からの高さは月までの距離の950分の1でしかないからです。

 私は時折、ISSからのリアルタイム映像を見ていますが、感銘以外の何物でもありません。地上に居ながらにして、地球の表面をいつでも見られるからです。地球の表面は殆ど雲に覆われてます。

 しかし、時折、陸の海岸線が見えるときはどこだろうと胸がワクワクします。皆さまも、どうぞこのブログの【国際宇宙ステーション】をクリックされ、私たちの住む地球を客観的に眺めてはいかがでしょう。

 本日は、たまたま画像を見ていたら「ジブラルタル海峡」上空を通過中で、心が踊りました。ここは私の住む群馬県高崎市と同緯度です。

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー